川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2017年02月08日

第204回川崎トーストマスターズクラブ例会

204回川崎トーストマスターズクラブ例会

2017131日 ミューザ川崎 会議室2


定刻通り、M田会長の代役Sさんの挨拶から始まりました。IMG_4452_512.jpg



日本チャンピオンのO江さんのワークショップがあるということで

本日はたくさんのゲストの方が見学にいらっしゃいました。

・旧川崎会員のT中さん

・響のK谷さん

・桜坂のS籐さん

・東京インターナショナルの岡Tさん



TMOEは、Jさんが春節ため代役のA木が担当。IMG_4455_512.jpg

今日の言葉は、Sさん「貴重な」。Sさんの学会の体験談をまじえた説明が

今日の言葉への思いが伝わり、とても直前に考えたとは思えない内容だったと思います。


そして、ヘルパーの紹介

計時係を K林さん

集計係を O谷さん

文法係を S井さん

え〜とカウンターを N島さん

N島さんは急きょ代打していただき役割を果たしてくれました。

それぞれ、皆さんご自分の言葉で丁寧に役割紹介をしていただきました。



準備スピーチのコーナーです。IMG_4462_512.jpg

1番目のスピーカーはCC#2スピーチの構成 Gさん。タイトルは「中国のお正月」

プロジェクターを使用しながら中国のお正月についてわかりやすく説明頂きました。

テレビでは見ていましたが、実際ディティールは全く知らなかったので新発見

の連続でした。


 IMG_4467_512.jpg

2番目のスピーカーはCC#4表現方法 H本さん。タイトルは「あきらめない心」

自身の挫折を交えて、あきらめない心をもつことの大切さを説明されておりました。

個人的に現在英語を勉強中で、H本さんが半年で挫折されたということなので

是非あきらめない心をもち、1年いえ第二言語として生涯勉強していきたいです。



3番目のスピーカーはCC#6ボーカルバラエティ Oさん。タイトルは「あの時の言葉」IMG_4469_512.jpg

Oさんの大学受験の体験を交えて、Oさんの人生観をかえたお父さんの言葉について

スピーチ頂きました。私も振り返ると人生のターニングポイントには「あの時の言葉」

として心に残る言葉があるなあと感じてます。壁にぶち当たった時に立ち戻る場所で

あり、言葉だと思うので、そういうものを大切にしようと思わせてくれる素晴らしい

スピーチでした。



次は、新人オリエンテーション セッション1を川崎のエース、I塚さんがIMG_4475_512.jpg

「トーストマスターズ国際本部Webの使い方」というタイトルでスマートフォンを

使いスマートに説明頂きました。さすがI塚さん、分かりやすいと思わず言いたくなる

ようなマテリアルと説明でした。

役員だけでなく、一般会員の方も利用できるコンテンツは色々そろっているので

是非皆さんこの機会にユーザ登録して、サインインしてみましょう。



 IMG_4478_512.jpg

次は、新人オリエンテーション セッション2を2015年論評日本チャンピオン

O江さん「論評のコツ」というタイトルで実施頂きました。

今まで論評というものを以下に理解していなかったかを感じさせられる

ワークショップでした。論評の準備について、さらに論評の構成について

どれを取っても、今までボンヤリこんなものだろうというイメージを

具現化でき腹落ちする内容で、目から鱗でっぱなし状態でした。


そんなワークショップを受け、論評セッションに突入


1番目の論評者は、S山さん。初論評とは思えない落ち着きぶりとIMG_4483_512.jpg

的確な論評。S山さんのメンターとして鼻が高かったです。

S山さんのポテンシャルにはいつも驚かされます。









2番目の論評者は、I上さんに代わりS村さん。いつも、どんな時もIMG_4487_512.jpg

ホットスタンバイ状態でどんな役割でも快く引き受けてくれるS

さん頼りになります。論評もいつも通り、的確でした。今日はO江さんの

ワークショップを意識してか、基本に忠実な論評だったという印象です。


3番目の論評者は、Mさん。いつもMさんの視点には感心させられますが

今日もOさんに対して、目標は達成してるが、常にピーク状態なので

メリハリをつけてはどうかという視点には一同思わず相槌でした。



総合論評はO田さん、皆さんの論評に対する論評を

を短時間で的確かつ次につながる指摘をされておりました。IMG_4494_512.jpg



最後は、受賞者の発表です。

ベストスピーカー:Oさん

ベスト論評賞:Mさん

ベストスマイル賞:Gさん


皆さんおめでとうございます!


新人オリエンテーションいかがでしたでしょうか。教育担当としてTMOEとしてとても

気になるところではありますが、皆さんと共にとても楽しめた例会だったと思います。


時期が時期だったので、風邪で休みの方が多かったのが残念でなりません。

A木記


本日からしばらくお休みするMさんと産まれてくるお子さんへIMG_4528_512.jpg

K林さんからプレゼント。

posted by kawa at 22:30| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

第203回川崎トーストマスターズクラブ例会

第203回の川崎TMC今年初めての例会でした。

前日までY田さんが懸命に準備し、用意周到でしたが、当日に急遽遅刻するということで、ピンチヒッターで私、OTMOEに手を挙げました。

今年初めての例会にふさわしく、19時定時に開始されました。IMG_4369_512.jpg



M田会長からあけましておめでとうございます、今年一年もよろしくお願いしますと、新年にふさわしいお話からスタートしました。TMOEは到着するまでOが引き受けました。

本例会のヘルパーである、Sさん、S山さん、Jさん、H本さんともしっかりとご自身の言葉でお話頂きました。

今夜の言葉は、「きわめる」でした。今年こそは何かをきわめたいと思い今夜の言葉にされました。

また、Oの無茶振りで今年の抱負をみなさんにお聞きしました。

S山さんは、「今年こそはなにかをきわめたい」、Jさんは、「より完結にわかりやすく伝えるようにはなす」、

H本さんは「何事もあきらめない!」Sさんは「時間を無駄にしない」という目標を共有してくださいました。



今年初めての準備スピーチは、CC10M田さん「役員のすすめ」を感情曲線と成長曲線をそのIMG_4377_512.jpg場で記入しながら

モチベーションとは裏腹に成長できるのでぜひ役員やってみてくださいという熱いメッセージを伝えて下さいました。







2本目のスピーチはK林さん、上級マニュアル物語の話術AC#1民話「三匹のこぶた」をオーIMG_4380_512.jpgディエンスを5歳児に

見立ててうまく読み聞かせるように感情豊かに伝えて下さいました。




3本目のスピーチはI塚さんCC4表現方法「雑炊VSうどん」子供の頃の思い出と社会人になってIMG_4383_512.jpgから先輩との

思い出の中に登場するすき焼きの〆の雑炊、うどんから広がる世界平和への提言をとてもコミカルにとても

シュールにつたえてくださりました。








4本目のスピーチは、N島さん特別スピーチ「和菓子紙器作成依頼」をIMG_4389_512.jpg富山スピーチの集大成として、むしろプロの落語家顔負けの小粋な落語調で皆さんをまさに飽きさせないK林さんネタをふんだんに取り入れたわかる人にはわかる?!とても楽しいユーモラススピーチを披露してくださいました。






テーブルトピックスマスターはMさんがつとめてくださいました。IMG_4397_512.jpg

「今年挑戦してみたいこと」をA木さんが「英語」を挑戦しているということをご披露下さいました。

「新年明けてからあったいいこと」をH本さんが「子供が勉強するようになった」ことを教えて下さいました。

「プレミアムフライデー3時に終わって何をするか?」をJさんが「新しいことをはじめたい」と力強くお話下さいました。

「ご自身の二十歳の時の思い出」をS山さんが「自身の成人式の際の思い出と息子さんの成人式の時の比較」を披露

してくださいました。「今年のサプライズを予言して下さい」ということをO谷さんが「アメリカの景気がよくなるが今一度

考えないといけない世の中になるので周りをじっくり見渡しましょう!」という予言?!をしてくださいました。





論評の部は、A木さんが取り仕切って下さいました。IMG_4394_512.jpg

M田さんの論評をM谷さんが「M田さんとほぼ同期で、良かった点を3点をマニュアルに沿って論評して下さいました。

鼓舞されたところ、正直に話しをされた、成長曲線を可視化されたところ」を具体的にお話されました。

K林さんの論評をS井さんがユーモアたっぷりにそれでいてよかった点、民話の有効性、K林さんのメッセージを

こめられたところをしっかりとご指摘されていました。

I塚さんの論評はOが「描写の鋭さ、対比などの上手さを指摘しました。本当にストーリを語らせると右に出るものがいない

ストーリーをそれぞれの頭の中に描かせるための情景描写、言葉の使い方が抜群でした。」と指摘しました。

最後のN島さんの論評をS村さんがしていました。プロジェクトの目標がない中、しっかりとスピーチが落語調で素晴らしく、

引き込まれるところを指摘しながらもご自身だったらどうするかなどを明確に示し、タイトルの不一致さ、営業の観点での

違和感を指摘してみんなの納得も得ていました。

総合論評のA木さん、さすがの教育担当として全体的に上手く振り返っており例会を2度味わうことが出来ました。




例会最後に登場した、Y田さん。今日のテーマとして考えていた「たった1つの文」。1冊の本IMG_4415_512.jpgの中で、たった一つの文だけでも

見つけて自分のものにする大切さと同様に、例会の中でもたった1つのことを見つけて自分の力に変えることの大切さ、を

テーマにしようとしていたと、教えて下さいました。これだけ準備をしっかりとされていたので、きっと素敵な例会をデザインして

くださるに違いありません。Y田さんのTMOEを楽しみにしています。




ベストスピーカー:M田さん、K林さん、I塚さん(3名)IMG_4410_512.jpg

ベスト論評賞:S村さん

ベストテーブルトピックス賞:A木さん

ベストスマイル賞:N島さん、M田さん


以上 文責 代打TMOEO

posted by kawa at 10:52| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

第202回川崎トーストマスターズクラブ例会

20161220日 ミューザ川崎 研修室1


定刻通りM田会長の挨拶から始まりました。本日はゲストの方がいらっしゃらず、会員の皆さまも年末で忙しいのか欠席、遅刻の方が多くちょっと寂しいクリスマス例会の始まりとなりました。IMG_4197_512.jpg




今回のTMOEは初めて担当させていただきますH本です。クリスマス例会ということで実行委員長のO田さん、Sさんにいろいろ教えていただき準備することができました。

教育セッションは実行委員長のO田さんから「みんなの意見を取り入れる」ということで、先日行われた新人戦で2位に勝ち抜いたのは、クラブの皆さんからのご意見があって、スピーチを練り直し2位に輝けたというお話と、クリス

マス例会も皆さんの意見を取り入れてやっている。まさにクラブの力があってこそ出来るというお話がありました。IMG_4190_512.jpg

今夜の言葉はK吉さん。「夢をあたえる」自身が昨年トーストマスターズで神対応していただき、夢をあたえられたので今夜はこの言葉になさったそうです。

今日は事前に皆さんにクリスマスらしいワンポイントをお願いしておりましたが、K吉さんは自身に電飾を施し一番輝いていました☆彡




計時係 O谷さん。IMG_4193_512.jpg

集計係 K吉さん。

文法係 M田さん。

え〜とカウンター I上さん。

皆さん、メリークリスマス!と挨拶されてムードを高めながら説明してくださいました。









早速準備スピーチのコーナーです。IMG_4199_512.jpg

1番目のスピーカーはCC1アイスブレーカー Gさん。タイトルは「なぞなぞを解く」

自分のなぞなぞを皆さんに解いてもらいますという新しい自己紹介の方法で自身の出身地、仕事内容、性格などなぞなぞを解くような感覚で自己紹介をされていました。






2番目のスピーカーはCC10M谷さん。タイトルは「トーストの神様」IMG_4205_512.jpg

トーストに入ったおかげで自身の夢が叶ったお話をされていました。CC5のスピーチの時、自分のマラソンのスピーチを聞いてN島さんが行動を起こした。自分は8年もマラソンしているが、ハーフマラソン止まり。N島さんは数か月でフルマラソンに出場。その事に影響され、自身も夢だったフルマラソンに出場することができ完走できた。自分のスピーチを聞いて行動を起こした人がいたことに喜びを感じ、その事を受けて自分も行動を起こすその関係がとても素晴らしい。その体験を皆さんにもして欲しい。そのためには、後日実際にやってみたら相手に伝えてみてはどうかという素晴らしいスピーチでした。




3番目のスピーカーはAC3S井さん。タイトルは「四畳半のメリークリスマス」IMG_4210_512.jpg

妻が占いの本にはまりマンションを出て今は四畳半のアパートに住んでいます。という出だしに皆驚かされましたが、家を新築のため仮住まいのアパートへ引っ越しとのこと。

家を新築することになり、良い引っ越しをしようと奥様が占いの勉強をされたが、調べると良くない運勢。それを良い方向にするため、いろんな作戦を考え、とてもワクワクするスピーチでした。









コントロールをSさんへ論評のコーナーです。IMG_4213_512.jpg

1番目のスピーカーに対して A木さん

良かった点、皆さんになげかけが出来ていて素晴らしかった。アイコンタクトを取ろうとしていた。メモを見なかった。改善点は声の大きさ、決意が深堀されていれば良かったのではないかとあげていました。

2番目のスピーカーに対して S村さん

良かった点、エピソードがとても良かった。皆さんの心を動かしたと思う。改善点は感情をもっと出しても良かったのではないか。最後のメッセージを、影響をあたえるメッセージで終わると良かったとあげていました。

3番目のスピーカーに対して I塚さん

良かった点、ユーモアあふれるスピーチで目標クリアしていた。改善点はクライマックスを意識すると良かったとあげていました。


休憩後、O田さんのチーム対抗テーブルトピックスのコーナーです。IMG_4224_512.jpg

サンタチーム、トナカイチームに分かれてO田さん扮するサンタクロースがプレゼントの袋を差出します。その中からプレゼントを取り、そこに書いてあるお題に挑戦!今夜の言葉を言ったら1点プラス、えーっとを言ったら1点マイナスです。




  1. あなたにとってクリスマスソングと言えば。エピソードも交えて教えてください。

    S村さん

  2. クリスマスに欠かせないものはなんですか。→I塚さん

  3. あなたはこの靴下にどんなプレゼントを入れてほしいですか。→M田さん

  4. あなたが考える「こんなクリスマスは嫌だ」を教えてください。→GさんIMG_4225_512.jpg

  5. あなたが体験した驚きのクリスマスを教えてください。→S井さん

  6. あなたは赤鼻のトナカイです。サンタさんに「暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ」と言われました。サンタさんに何か言ってください。→Sさん

  7. クリスマスとお正月どっちが好きですか。→K吉さん

  8. 子供に「サンタさんっているの?」と聞かれました。何と答えますか。→O谷さん

  9. あなたが考える最高のクリスマスの過ごし方を教えてください。→M谷さん

  10. あなたはサンタクロースです。この袋にどんなプレゼントをつめて子供たちに分けにいきますか。→I上さん

サンタからたくさんのプレゼントをいただき、今夜の言葉、えーとカウンターを意識したいつもとはちょっと違った楽しいテーブルトピックスとなりました。







総合論評はSさん

今回は特別例会ということで協力し合いながら準備が出来たこと、テーブルトピックスを初めて対戦形式にして良かったこと、各論評者へ細かく目標に対する分析が出来ていたという総合論評でした。


受賞者の発表です。

ベスト論評者賞:I塚さん

ベストテーブルトピックス賞:Sさん

ベストスマイル賞:HIMG_4248_512.jpg

ベストスピーカー賞:M谷さん

おめでとうございます!

今回は初めてTMOEを務めさせていただきました。多々至らぬ点があり申し訳ございませんでした。自分も含め皆さんとても楽しめた例会だったと思います。

来年もどうぞよろしくお願いします!

H本記IMG_4250_512.jpg
posted by kawa at 14:30| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

第201回川崎トーストマスターズクラブ例会

12月6日(火)第201回例会がミューザ川崎シンフォニーホール研修室1で行われました。今日はクラブ内新人コンテストです。横浜で行われる第4回神奈川地区新人コンテストに向けて行われる選考戦です。新人コンテストは10月時点で、キャリア一年半以下またはCCマニュアル6を達成していない方が対象です。7人の方がエントリーしてくださいました。

川崎トーストマスターズクラブの新人はやる気満々です。前回200回記念例会のときに第一回例会のDVDを見せていただき、とてもよかったので「初心を忘れない」という気持ちで例会を進めました。IMG_4103_512.jpg







M田会長が、ぎりぎり駆けつけてくださり、例会がスタートしました。IMG_4054_512.jpg

本日の新人対抗戦実行委員は総合論評M谷さんとTMOEのO谷です。

下準備はM谷さん・A木さん・役員の方を中心に役員会やLINEで情報交換をして進めました。

まずはヘルパー紹介

計時係をGさん

集計係りをK林さん

文法係をS井さん

分かりやすい役割説明ありがとうございます。






1番目のスピーチはH本さん「笑顔あふれる川崎トーストマスターズクラブ」IMG_4058_512.jpg

笑顔が苦手だったH本さんが、当クラブの今期のモットーである笑顔あふれる生活をめざし、人目のつかないところで、地道な笑顔のトレーニングをするという、楽しいエピソードとユーモアと笑顔の大事さが分かるスピーチでした。






2番目のスピーチはI上さん「人生のパートナー」IMG_4066_512.jpg

悩みをある外国人超能力者に相談しました。あっていないアドバイスばかりでがっかりしてしまったのですが、夢の中でそのひとが、自分の本当にやりたいことをやりなさい。と言ってくれ歌を人生のパートナーとしました。

面白いエピソードとユーモア・オリジナルソングの熱唱と見どころ満載のスピーチでした。





3番目のスピーチはO田さん「手帳に書いた言葉
IMG_4070_512.jpg
すべての道は一本の道につながっている。それはどこかの偉人の言葉ではなくO田さんの手帳に書かれた言葉。これから生まれてくるお子さんを思い父親として何かやらなくちゃと思い長野から東京まで歩ききりました。笑いと感動の冒険活劇です。

これから生まれてくるお子さんを思い父親として何かやらなくちゃと思い長野から東京まで歩ききりました。笑いと感動の冒険活劇です。









4番目のスピーチはMさん「アルコール依存症予備軍からの卒業」IMG_4074_512.jpg

お酒が好きで、毎日会社の人と飲んだり、家では晩酌。気がつくと仕事が終わると家まで我慢できずにコンビニでチューハイを買ってしまう。とても危険です。けれども、お子さんの誕生とその子への教育をきっかけに、自制心を養うためアメリカの大学の実験マシュマロテストを参考に目的と手段を明確にしたオリジナルテクニックを編み出し見事週3日の休肝日を作り出すことができるようになりました。卒業おめでとう。






5番目のスピーチはK吉さん「流れに身をまかせて」IMG_4072_512.jpg

美空ひばりさんの「川の流れのように」を熱唱し、とても気持ちよさそう。K吉さんの人生のターニングポイントで流れに流されずに身をまかせるため英語を学び、新しい仕事へとつないでいったそうです。「資材の調達」というお仕事の説明を身近なショートケーキの作り方などを例にとり分かりやすく説明してくれました。






6番目のスピーチはS山さん「人生の選択」IMG_4077_512.jpg

コンビニで、飲み物をどれにするか選ぶのも「人生の選択」ですが、思春期から大人になってゆく大切な時期を大好きなスポーツ野球に費やしていた。二人の息子さん。高校・大学の進路について息子さんたちが出した選択についてお母さんとして真剣に悩んでいる姿を具体的なエピソードで語ってくれました。最終的には息子さんたちが、きちんと自分自身でやりたいことを選択している。感動的なスピーチでした。






7番目のスピーチはY田さん「決意表明」IMG_4080_512.jpg

4920は何の数字かわかりますか?という聴衆をひきつける質問から始まり、ご自身のお仕事である歯医者さん専門の金融機関について、沢山の図表や専門用語の分かりやすい説明・ひきつけられる比喩的表現をところどころに使い、今後のお仕事の展望について決意表明をしてくれました。ご自身のお仕事を楽しそうに分かりやすく説明してくれました。



IMG_4093_512.jpg



後半は論評です。

S村さんがH本さんに

構成がしっかりしていたことと沢山のエピーソードで自己開示がされて楽しめたので、エピーソードを少し絞ったらどうでしょうとアドバイスしてくれました。


ZさんがI上さんに

構成がよかったことと奥さんの話をするのかと思っていたが違っていた。超能力者と会う導入がよかった。スピーチを始める前に少し間をいれたらとアドバイスしてくれました。


K林さんがO田さんに

新人とは思えない素晴らしいスピーチ。どこかの住職のようだ。

ボーカルバラエテイで声の変化をつけること。現在の良い父親としての状況を知りたいとアドバイスしてくれました。


ゲストで来ていただいたO原さんがK吉さんに

構成がよかった。出だしの歌は効果的にスピーチにあった歌だった。英語の話をする際にピコ太郎をモチーフにして非常に分かりやすかった。エピソードを絞ってピコ太郎の説明の際にはデイスイズザペンを入れるとより分かりやすいのではとアドバイスしてくれました。


I塚さんがMさんに



@アウトラインが分かりやすかった。A伝える際にご自身のエピソードを分かりやすく話した。事をほめていました。コンビニのビールはガソリンです。などの刺激的な始まりをするとより聴衆をひきつけられるトアドバイスしてくれました。




SさんがS山さんに

感情を表わしていて表現豊かなこと。コンビニの飲み物から息子さんの人生へと人生の選択について分かりやすく表現されていた。すごく心に響くスピーチとほめてくれました。

時間をもっと伸ばすことができたのではとアドバイスしてくれました。


A木さんがY田さんに

遅れてこられたY田さん。来てすぐにスピーチをしてすごいです。4920ってなんですか。という聴衆をひきつける導入から、Y田さんのお仕事についてマテリアルや比喩的表現を用いて分かりやすく説明してくれたとほめてくれました。ど忘れした時のためにメモを身近に置いておきましょうとアドバイスしてくれました。


総合論評のM谷さんには遅れていたコンテスタントの方を待つために急きょインタビューをやって下さいと言ったり、それをやめさせたりとても大変な思いをさせてしまいました。

ごめんなさい。それにもかかわらずしっかりと落ち着いて総合論評・賞状の受け渡しをして頂きました。

 IMG_4100_512.jpg

時間は10分ほどオーバーしてしまいましたが、無事例会は終了しました。今回のようなタイトなスケジュールのときは前もって時間オーバーしますと皆さんに伝えるといいよとI塚さん、・S村さんがアドバイスしてくれました。

2次会ではお菓子を食べながら優勝したO田さんにコンテストに向けてのアドバイスをしました。


本当に楽しいスピーチ沢山聞けてよかったです。


ベストスマイル賞 H本さん

ベスト論評賞 Sさん

1位 O田さん 2位 I上さん 3位S山さん

です。


O谷記IMG_4107_512.jpg


同じく、実行委員のM谷です。当日は時間がなくなってしまったので、こちらで総合論評をかねて、反省点を次回の開催に向けて共有したいと思います。


1.事前に役員会でコンテスタントの人数によっては時間や役割の不足が懸念され、対策として、文法係と今夜の言葉の割愛について話し合っていたのに、当日はその対策がとれなかった。

2.クラブ内コンテストでも、コンテスタントの遅刻については制限を決めるべきだった。

コンテスタントに公平にすべきだった。

3.アジェンダも工夫し、休憩時間の短縮、全員で時間を意識し、時間内での例会終了を目指すべきだった。

4.当日の遅刻、欠席については主にメールでのやり取りになります。どれくらい遅れるのか、自分の役割をどうするか(論評なら遅れてもスピーカーのスピーチまでには間に合います。または他の人に代わって欲しい等)まで、連絡していただけるとTMOEも対応しやすいのではと感じました。

とにもかくにも、川崎TMC史上最高の7名の新人戦、これからの川崎TMCの未来は明るいと感じました。


M谷記

posted by kawa at 22:45| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

第200回川崎トーストマスターズクラブ記念例会☆

川崎トーストマスターズクラブ第200回例会
2016年11月29日(火曜日) カラオケ館川崎店DSCN1754_512.jpgDSCN1757_512.jpg

19:20
会場準備に少し時間がかかってしまい、予定より10分遅れて例会が始まりました。
第一部の司会はM。
皆さんをお待たせしてしまったので、まずは即乾杯。



その後、
・通常の飲み会ではなく、スピーチを楽しみ、ディナーショーを作り上げる会であること。DSCN1756_512.jpg
・みんな平等なTMC会員、どんどん飲んで食べて歌って踊りましょう!
というような挨拶をしました。






続いて実行委員のA木さんから本日の主旨についてのお話でした。
我ながらテーマの数が多い(笑)と笑いをとりながら、
実行委員会が準備のためにLINEグループでやりとりしたメッセージの数は合計620!もあった。DSCN1805.JPG
今日の例会の内容はそれだけよく練られていると期待を高めて頂きました。
引き続き、A木さんより引き続きサプライズ企画が二つありました。
1.川崎TMC第一回例会の映像上映
O江さん、Oさん、K林さんが映っていました。
O江さんの貫録は今と変わらず、Oさんは若く、K林さんがおしとやかでした!
2.共同創設者 F山さんから届いたメッセージ代読 ※全文は最後に記載させていただきました。
現在、育児の傍ら、子供と保護者向けのTMCプログラムを作成されているとのことでした。




続いて、第一部のメインイベント、三名の方のスピーチです。IMG_5149_512.jpg
1人目は、O江さん。
設立当初のお話を興味深く聞くことができました。
なんと最初は毎週開催していたようですが、2カ月で断念したとのこと。。
TMCで話がうまくなれば、自信・誇り・他者の尊重に繋がっていくというお話も、
今後に向けて大変参考になりました。





2人目は、Oさん
設立当初から現在までの変遷をお話し頂きました。IMG_5150_512.jpg
当初の毎週開催はキツかったようですが、2カ月後に隔週開催になってホッとしたようです。
設立当初から現在、そして将来の川崎TMCについて、
これからはもっと新しい会員に活躍してほしいという壮大なお話をして頂きました。







3人目は、S藤さんIMG_5151_512.jpg
ご自身の経験談を交えて、川崎TMCに託す夢をお話し頂きました。
TMCの経験を仕事上役立たせ、嫌いな仕事相手、対立する部署ともうまくやれるようになったとのことでした。
小道具として赤白帽を効果的に使用された川崎TMCへの熱いメッセージでした。




----------------------------------------------------------------------------------------------------------------IMG_5154_512.jpg





その後、川崎TMCの歴史に貢献頂いた皆様を表彰させて頂きました。
表彰者は、スピーチ頂いたO江さん、Oさん、S藤さんの三名と、I塚さんでした。
ここで、座席決めのクジで当たりを引いたO江さん、M谷さん、S村さん、Y田さんにコスプレをして頂きました。
皆さん着ぐるみが暑そうで申し訳なかったのですが、とてもお似合いでした。盛り上げて頂きありがとうございました。DSCN1782_512.jpg
休憩を挟んで、第二部のスタートです。


司会はS井さん。IMG_5243_512.jpg
ここから本格的に料理と飲み放題のスタートとなり、I塚さんに乾杯の挨拶をして頂きました。
彼女との別れの自虐を笑い飛ばすような明るく前向きなお話でした。
川崎TMCのおかげで人生良い方向に向かっているとのことで、勇気づけられました。
その後は、終了時間まで90分ほど、ミニライブと自由にカラオケが続きました。
まずは実行委員のI上さんからカラオケのお作法についての教育IMG_5157_512.jpgセッションがあり、
合いの手の入れ方など勉強になりました。IMG_5160_512.jpgIMG_5161_512.jpgIMG_5174_512.jpg
ミニライブ出場歌手は、M&I上さん、Sさん、S村さん、Oさん&I塚さん、Pさんの五組でした。
各組とも、振付あり、大熱唱ありの、すばらしいエンターテイメントでした
その後は、ほど良くお酒も回り、入れ替わり立ち替わりで誰かが歌い、
全員総立ちでノリノリの時間でした。IMG_5176_512.jpg
そのときの盛り上がりの様子は、追って、実行委員K林さん、広報担当役員M谷さんより
写真をアップして頂けると思います。




21:50
カラオケが終了。
記念例会を締めくくる最後のスピーチとして、200回休まず出席されてきたK林さんにスピーチをして頂きました。IMG_5263_512.jpg
サービス精神満天の愛のあるお話しをして頂きました。その後、K林さんの功績を称え、表彰状をお渡ししました。
最後に実行委員長Mの一本締めで終了しました。
第二部の模様は例会記録には書ききれないほどの楽しいシーン・名シーンがありました。
全員終始笑顔で、現在の、そしてこれからの川崎TMCの団結力を示す、素晴らしい記念例会となりました。



以上 M記IMG_5260_512.jpg





200回記念例会にあたり、川崎クラブの初代会長 F山さんから
お祝いのメッセージをいただきました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このたびは川崎TMCの200回例会おめでとうございます。
久しぶりに川崎TMCのホームページを拝見しましたところ、チャーター当初から
の会員の方もいらっしゃり、また継続的に新しいメンバーも入会され、例会の楽
しそうな雰囲気とともに、きっと現在ご所属の役員・会員の皆様も健全で質の高
いクラブ運営をされているのではないかとお見受けしました。私自身、久しぶり
 に7年前のクラブ立ち上げ時の記憶が蘇り、とても懐かしい思いです。
私事になりますが、私は数年前に結婚を機に一旦TM活動を休止し、昨年第1子をIMG_5240_512.jpgIMG_5199_512.jpg
出産、ワーキングマザーになりました。来年第2子予定です。育児をきっかけに、
結婚後の住まいである三鷹市にて、TMからヒントを得た独自の子供向けプログラ
ムと、その保護者向けのTMを合わせたクラブの設立を策定中です。それに伴いTM
にも復帰予定ですので、もしかするとどこかで近いうちに川崎TMCの皆様にもお
会いできるかもしれません。その日を楽しみにしております。
最後に、現在の川崎TMCの会員の皆様へ、
TMCは、ライフイベントやお仕事のご都合などで活動を中断することがあっても、
生涯学習としていつでもどこでも復帰することができます。もし300回記念例会
の時には会員でなかったとしても、ひょっとすると1000回記念例会には川崎TMCIMG_5196_512.jpg
かどこか別のクラブの会員として、参加されているかもしれません。ぜひ皆様の
長い人生の中で、その人生を豊かにするサードプレイスとして、TMを末永くお楽
しみいただき、活用していただけましたら幸いです。
200回記念例会の成功をお祈りしております。
 

続きを読む
posted by kawa at 23:26| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする