川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2016年04月03日

例会余話5

もうあれから1ヶ月か…。

3月6日(日)に横浜市技能文化会館にて
エリア52コンテストが開かれました。

横浜オーシャンTMCと川崎TMCによる共同開催でした。

自分はコンテスト運営委員長として、今回参加しました。
当日までの準備、そして当日とけっこうバタバタでした。

そんなとき思い出していたのは、
2年前のエリアコンテスト、のことです。
実行委員長のK成さんに乞われて、
運営メンバの一人に加わりました。

今回は自分がコンテストの中心になりました。
2年前のエリアコンテストのテーマは「ここから始まる」。

今思うと、自分が今回コンテスト運営委員長をしたのも
めぐりあわせなのかもしれません。

コンテストに携わったみなさん
本当におつかれさまでした。

N島


posted by kawa at 16:35| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

例会余話3

武蔵小杉の川崎市生涯学習プラザで開かれた
ディビジョンコンテストに行ってきました。
神奈川県内のクラブを中心に4つのエリアの代表が出場する
論評コンテストです。

今回は川崎クラブと同じエリアの横浜クラブがコンテストを主催でした。

自分は春のコンテストのときに日本語実行委員長を努めました。
あれからもう半年もたつのか、と柄にもなく感傷的な気持ちになってしまいました。

コンテスタントのパフォーマンス以上に気になったのが、
やはり、コンテスト全体の運営や司会の進行の仕方、などでした。

司会はどんな表情をするのか…自分もあんな表情を半年前にしていたのか、
なんてことが気になりました。
また聴衆はどんな表情でコンテストを見ているのか、とさりげなく観察していました。
自分が半年前に司会をしていたときは、聴衆の表情を観察する余裕なんてなかった…。
緊張感から、意外とステージから見える景色はよくないのです。

ディストリクトディレクタのAさんが意外と高い声をしているのだな、と細かいことが
印象に残ったりしました。半年前は気が付かなかった。

一つのハコでたくさんの人が同じ時間を共有しているようで、それぞれ見える景色は
ずいぶんと違うものなのだな、と思いました…。

Ryugen



1.jpg


posted by kawa at 23:19| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

例会余話2

10月4日(日)ミューザ川崎にて、
エリアコンテストが開催されました。

多くの方にご来場いただき盛り上がりました。
1.JPG
posted by kawa at 19:36| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

例会余話 1

春と秋はトーストマスターズクラブにとって、
コンテストのシーズンです。
今回は秋のコンテストについてお話させていただきます。

秋は毎年、論評、即興スピーチ、ほらふき、ユーモアという
テーマに沿って、スピーチコンテストを開催いたします。

以前、ベテランの会員が
「トーストマスターズクラブの活動は4年間続けて、一区切りってところかな。
 秋のコンテストのテーマが4年で一回りするから」と言っておりました。

今年秋のコンテストのテーマは論評です。
一人のスピーカーのスピーチに対して、コンテスト参加者がよりよいスピーチにするには
どうしたらいいのか、という論評をします。

コンテストの特徴は普段の例会とは異なる雰囲気の中で開催される、ということでしょうか。
参加者を新鮮な気持ちにする1年の中の定期行事です。

わが川崎トーストマスターズクラブの秋のコンテストは
9月15日(火) ミューザ川崎にて開催されます。
お気軽に見学にいらしてくださいませ。

(Ryugen)

1.JPG
2.JPG



posted by kawa at 21:39| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする