川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2018年11月23日

第252回川崎トーストマスターズ例会記録

第252回川崎トーストマスターズクラブ例会
2018年11月6日 ミューザ川崎 研修室1
M谷会長の挨拶から始まり、秋と言えば神奈川は新人戦が名物になってきている。自身も出場した経験とエピソードを話され、本日のコンテストに出場される方々の緊張感を取り除くような挨拶でした。
P_20181106_205214-816x612.jpg
本日は5名のゲストの方がいらっしゃいました。
・Kしさん(横フロ)
・Iかさん(ストテリ)
・Yきさん(1回目)
・Sずさん(神奈川)
・Nきさん(2回目)

TMOEは、H本が担当。
教育セッションのテーマは「全力で応援しよう!」
クラブ内新人戦でスピーチをされる方は全力でスピーチをされるので、私達も全力で応援したいという思いで
このテーマといたしました。
ヘルパーの紹介のコーナーです。
計時係を Gさん
集計係を K林さん
文法係を S原さん
え〜とカウンターを M谷さん
それぞれ、皆さんご自分の言葉で丁寧に役割紹介をして頂きました。
準備スピーチのコーナーです。本日の準備スピーチは12月1日(日)10時から県立地球市民神奈川プラザ(あーすプラザ)で開催される第6回神奈川地区新人戦に川崎TMCの代表として出場される方を決める予選会を行いました。

スピーチタイトルはコンテストスピーチのため割愛させていただきます。
1.N村さん
もし、タイムスリップが出来たら何をしたいですか?実は私、タイムスリップをしたことがあるのですという出だしで皆を引き付けて、ご自身が体験されたタイムスリップの話をユーモアに話してくださいました。過去には戻れない、後悔しないためにも今出来ることをやりましょうという力強いメッセージを与えてくださいました。

2.Pさん
ご自身が体験された初めての湘南マラソンの話をしてくださいました。友達から勧められて学生時代800メートルがやっとだった自分が皆と練習してその記録を7キロ、10キロ、20キロと伸ばすことが出来、本番前の不安感もあったが挑戦してみると達成できた。このことが自分にとって自信となり、人生何が起こっても乗り越えられると思ったという話を丁寧にしてくださいました。

3.K澤さん
SNS、ライン、フェイスブックなど皆がコミュニケーションとして使用しているが自分は大嫌い。子どもの頃、家にあった電話が苦手だった。あれこれ考えると悪循環に陥り電話も出来ない状態。SNSで上司に退社ギリギリの時間に明日までに仕上げるよう仕事の依頼が来る。人生は無常、無味乾燥と思ってしまうが、最近は5年10年経てばSNSも何それと言われる時代となると考えるようになった。トーストマスターズで対面でのコニュニケーションを学ぶことによって学べる事があるチャレンジできる場がある。これからもポジティブ思考で活動を続けたいと、途中皆の笑いも上手に誘ったお話でした。

4.Oさん
子どもの頃、酷い事があった。それがきっかけでなかなか友達が出来なかった。高校を卒業するまで友達が出来なかった。そこで、アルバイトをしてお金を貯めて手術をしてもらった。見た目はきれいになったが、何故か友達が出来ない。ベリーダンス、バスケット、演劇とあらゆる事をしたが、なかなか友達が出来なかった。
それは見た目ではなく、自分の中にあった。トーストマスターズに入って人間関係が良くなり、友達が出来るようになった。日本の大学院に行って日本で学ぶ夢が叶った。トーストマスターズの皆さまのように力をつけてこれからもやって行きたいというお話でした。

休憩をはさんで次は論評のコーナー
1番目の論評者は、N島さん。今日のN村さんのスピーチはいかがでしたか。あなたのハートには何が残りましたかという力強い出だしで皆を引き付けていました。N村さんの世界観が表現されていたスピーチだった。難しい言葉がなく、分かり易いスピーチだった。さらに良くなる部分としては3つのパートの間に一呼吸置く、聞く人のことを考えるともっと良くなるというアドバイスでした。
2番目の論評者は、S山さん。タイトルが興味を持つタイトルで良かった。マテリアルも良かった。ストーリー展開も明確で良かった。改善点は出だしテンションをあげる、会場を広く使う、エピソードを絞ってボディーランゲージを使って表現をしてみると良いなど目的に沿った論評をしてくださいました。
3番目の論評者は、I上さん。人には真似のできない雰囲気が良かった。朗らかで良い人というイメージが滲み出でいる。時々見せる笑顔がかわいい。ユーモアも上手に取り入れている。改善点はストーリーを通すと良くなる。要らない部分があるのでそこを削ると良くなるというアドバイスでした。
4番目の論評者は、O谷さん。前回入会されたばかりなのにスピーチをしてくれてありがとうございましたという感謝の言葉から始めてくださいました。最初の出だしが皆さんを引き付けて良かった。ライオンキングの悪役を持ってきて分かり易いスピーチだった。笑顔が良かった。感動的で素晴らしいスピーチだった。ご自身のことが分かるアイスブレイクでしたという論評でした。
総合論評はIかさん。

川崎TMCのOBでもあるIかさんに急きょ総合論評をしていただくことになりました。
P_20181106_201535-816x612.jpg
会長が雰囲気作りをやっていた。TMOEがアジェンダを丁寧に作成していた。ヘルパー報告も丁寧に説明していた。ただ説明するだけではなく、理解してもらうことが目的ということを意識して説明すると良くなる。スピーカーは新人と思えない、聞いている自分が応援されてしまった良いスピーチだった。
論評はスピーカーへのフィードバック、あなたのスピーチをちゃんと聞きましたということを明確にして論評をすると良くなる。
論評者N島さんへの論評  論評事態エンターテイメントになっていて力強さを感じる。N村さんのスピーチを受け取りましたという事を話してから論評に入ると良くなる。自分がどう受け取ったかということを明確にしてから改善点につなげるとさらに良くなる。
論評者S山さんへの論評  丁寧で分かり易い説明だった。Pさんが最初、力強くなかった元気がなかったいつもと違うということを感じ取ったならばそれを明確にしてからフィードバックするとさらに良くなる。
論評者I上さんへの論評  好きという言葉は使いやすいが、何を受け取りどう好きだったのかを伝えるとさらに良くなる。
論評者O谷さんへの論評 ベテランのO谷さん。スピーカーを包んでいくような論評が素晴らしい。聞いていて安心する。アイスブレーカーのスピーチを聞いて自分がどう思ったか具体的に良かった点を明確にしてあげるとさらに良くなる。最初のスピーカーは、自分は何が強みなのかという部分を知りたいと思うので、そこを明らかにしてあげると次のスピーチに繋がる。
全体的に全力で応援するというテーマに沿った例会だった。聞いていて自分も応援されたという総合論評をいただきました。Iかさんは、久しぶりに川崎TMCにいらっしゃって総合論評も久しぶりとおっしゃっていましたが、論評者一人一人に丁寧に論評をいただき、また次の論評に繋がるような素晴らしい論評でした。
Iかさん、ありがとうございました。是非また川崎TMCに遊びにいらしてください。

第T部の最後は、受賞者の発表です。
ベストスピーカー: Oさん
1542702678295-739x554.jpg
ベスト論評賞:I上さん
ベストスマイル賞: Pさん
皆さんおめでとうございます!

ベストスピーカーのOさんは12月1日に開催する第6回神奈川地区新人戦に川崎TMC代表として出場します。是非、皆さん12月1日はOさんの応援に行きましょう。
1542702688923-739x554.jpg

第U部はプロギャンブラーNきさんの特別スピーチです。
司会はI上さん、Nきさんのプロフィールを紹介した後、TEDxでスピーチをされる内容を披露してくださいました。
さすがに素晴らしいスピーチで、私達のお手本ともなるスピーチだったと思います。
Nきさんは2度目のゲストさんです。3度目も是非、お待ちしております!
P_20181106_204353-816x612.jpg
例会の後は、神奈川地区新人戦に出場されるOさんへのコメントタイム。Nきさんや、ゲストも皆さまからも沢山のコメントをいただき有意義な時間となりました。本日のゲストの皆さまはベテラン揃いでたくさんの具体的なコメントをいただき、ありがとうございました。
本日は新人戦と特別ゲストさんのスピーチがあり、有意義で勉強になった例会でした。
ありがとうございました。
                                   文責:H本
posted by kawa at 16:27| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする