川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2018年02月03日

第231回川崎トーストマスターズ例会記録

■第231回例会 例会記録

2018年1月30日、川崎トーストマスターズクラブの253604953_org.jpg第231回例会が東海道かわさき宿交流館の4階にある第1集会室で開催されました。今回のゲストはK澤さんとW邊さんの二人でした。K澤さんは川崎トーストマスターズの例会に見学に来るのは初めですが、W邊さんは二回目の方です。

今夜のトーストマスターはGが担当しました。最初の教育セッションでは、「一期一会」というテーマを紹介しました。自身の経験や感想から、毎日を大事にすることの重要性を説明しました。

今夜の言葉はN島さんの「万が一 or 万一」でした。とても似ている言葉ですが、それぞれの意味と使い方を詳しく説明しました。

次にヘルパーの紹介です。今回のヘルパーは以下の方々です。253851831_org.jpg
・計時係 S山さん
・集計係/今夜の言葉係 N島さん 
・文法係 T内さん
・えーとカウンター A木さん

今回の例会には、会計担当のK林さんより2017年の会計報告を行いました。集金が少ない状況の中、細かい節約やお金の管理が得意なK林さんは、収支状況、支出状況など含むクラブの運用状況を、具体的な数字で皆さんに説明しました。IMG_2799_512.jpg

準備スピーチの一番目は初めてスピーチするN村さんの「My life,my change」でした。関西出身のN村さんは就活活動でうまく話せなかったことに悔しさを感じ、ゲシュタルト療法で自分を変えたというとても感動的な話でした。弱い自分の存在を素直に認めながら、自分と向き合うことにチャレンジして成功したN村さんに、参加者から大きな拍手が送られました。

二番目の準備スピーチはO田さんの「コンテストのすすめ」でした。253851835_org.jpg
ユーモアを使って、コンテストに参加するメリット(スピーチが上手になる、仲間を増やせる、リーダーシップを強化できる)を楽しく説明しました。スピーチを聞いた後、皆さんコンテストへの関心が高められました。とても素晴らしいスピーチでした。

三番目の準備スピーチはSさんの「常識女への道」でした。学校生活が長いSさんは、ご自身が川崎トーストマスターズで体験した面白いエピソードを紹介しました。学校では知らなかったで済まされることは、社会人中心のグループに入ってから、
IMG_2803_512.jpg
社会常識の重要さを認識されたようです。笑い満載のスピーチでした。

休憩後、Jさんのテーブルトピックスコーナーでした。
一番目の質問(2018年の環境変化をどう捉えていますか?)に対して、K野さんは大学の実習で最初は環境の変化に困惑したが、「自然の流れに身を任せる」という発想でうまく乗り越えたことを紹介しました。

IMG_2805_512.jpg
二番目の質問(あなたは自分のお金を仮想通貨に投資しますか?)に対して、Sさんは外貨で成功した事例を使って、株と仮想通貨に手を出さない理由をを教えてくれました。

三番目の質問(あなたは地球温暖化をどう見ていますか?)に対して、N島さんは日常生活で毎日少しずつできる節電や節水に取り組んでいくことの大切さを教えてくれました。

論評コーナーでは、M谷さん、I上さん、K吉さんが準備スピーチの論評をしました。各論評者は各自の視点で、担当するスピーカーの良い点と改善点を発表しました。

その後、総合論評を担当するH本さんは皆さんのスピーチをとても高く評価しました。
IMG_2806_512.jpg
特に欠席になったS井さんの代わりに、テーブルトピックスマスターを担当してくれたJさんに対して、感謝の気持ちを伝えました。

今回の受賞者:
ベストスピーカー賞:N村さん
ベスト評論賞:I上さん
ベストテーブルトピックス賞:N島さん
ベストスマイル賞:K吉さん

こうして、231回の例会は充実した内容で開催されました。みなさん、お疲れさまでした。IMG_2829_512.jpg
posted by kawa at 22:25| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする