川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2017年09月30日

第222回川崎トーストマスターズ例会記録

2017年9月19日 ミューザ川崎 研修室1

19:00から定刻通り、A木会長より、先日の川崎がホストだったほら吹きスピーチコンテストについて、メンバーの労いとコンテスタントとして、
IMG_2276_512.jpgIMG_2280_512.jpg
川崎より出場のM谷さんとN島さんを賞賛するコメントからスタートしました。また、コンテスタントのM谷さんからもコメントを頂き、結果は伴わなかったけれども、とても勉強になった事、11月まで他のディビジョンコンテストもあるので、引き続き楽しみたいとのコメントがありました。
TMOEは、今回2回目のK吉さん。ご自身が最近始めた、糖質ダイエットについて、ご自分の体験とクロストレーニングで有名なモデルの方を例に交えながら、その有用性を説明されました。 
次に、今夜の言葉について、A木さんより説明があり、自分の身の回りにいる、時事ネタをさりげなく会話に盛り込んで場を盛り上げる人はとってもカッコいいとのことより、働き方改革等で最近良く耳にする言葉「合理的な○○・○○の合理化」となりました。

 本日のヘルパー
・計時係 H本さん
・集計/今夜の言葉係 A木さん
・文法係/えーとカウンター S山さん

最初のスピーカは、当初予定していた、T内さんが1時間程度遅れていらっしゃるとのことから、順番を入れ替えて、K野さんのスピーチからスタート。IMG_2286_512.jpg
 タイトルは、とてもインパクトのある「ドアきらいです」。K野さんは以前新橋TMCに所属していましたが、今回久しぶりのスピーチ。アイスブレイクをされましたが、流石のスピーチを披露。ご自分のドアにまつわるいやな思い出から、ご自分の体験を交えて、上手に自己紹介をされ、自分を表現されていました。「ドアきらいです」と言うインパクトのある言葉を繰り返し使うなどの、とても勉強になるスピーチで、本日のベストスピーカ賞を獲得されました。

2番目のスピーカは、S村さん。IMG_2288_512.jpgタイトルは、「ブラック社員にならない方法」、ご自身の転職経験を語りながら、ユーモアを交えたスピーチ。苦手なお客さんと話すのが嫌で、会社に適当に報告していたらばれて大問題なったこと。以前は給料さえ良ければ良いとの視点で、仕事をしていたなど、ご自分の反省点を踏まえて、懸命に努力することの大切さと、ブラック社員にならない方法を皆さんに伝授して頂きました。

3番目のスピーカは、T内さん。タイトルは、「my favorite」。IMG_2290_512.jpgアイスブレイクとして、T内さんがどんな人かを知ってもらうのにとても良いタイトル。以前職場の人に言われた「あなたのこよなく愛するものを3つ教えて下さい。」という、その人の人柄や人となりを理解するのにとても良い質問を例にとって、ご本人の人となりを上手に表現されていました。
また、ストーリも意外性を含んでおり、3年前の3つのこよなく愛すべきものは、「食事」「読書」「マッサージ」というところから、月日がたち現在の愛すべきものにも変化が生じていること。当時の自分の心境から、現在の心境への変化も含めて、とても素晴らしく勉強になるアイスブレイクのスピーチを披露して頂きました。ただ残念ながら時間オーバーとなってしまい。投票圏内にはなりませんでした。

4番目のスピーチは、K林さん。IMG_2292_512.jpg有名な「賢者の贈り物」について、K林さんらしく、女性の視点という通常の物語の進行とは異なったオリジナリティーあふれる内容で、K林さんの素敵な歌声と華麗なボディーランゲージを上手に織り交ぜながら、聴衆を魅了しました。 加えて、流石、K林さん、二人がお互いを思ってそれぞれの大事な髪と懐中時計を売って、相手にプレゼントを渡す感動的な場面も、今夜の言葉「合理的でしょ?」を使い、皆さんを爆笑の渦に巻き込み、感動をそそりながらもユーモアあふれる素敵なスピーチをして頂きました。

休憩を挟み、テーブルトピックマスターは、遅れて参加されたI上さん、最近はめっきり秋らしくなったとの事で、秋に関する季節感あふれるトピックで始まりました。

最初のお題は、「あなたの食欲が止まらなくなる食べ物はなんですか?」という事で当たったのは、O田さん、O田さんが食べたら止まらなくなるもので、挙げられたのは、梅しば、それも拘りがあり「村岡の梅しば」が止まらなくなるとの事で、他の梅しばとの違いを力説されました。ただ、最近は、さらに美味しい「男梅」にはまっているとの事でした。IMG_2293_512.jpg

2番目は、「あなたがこれから始めたいスポーツはなんですか?」とのお題で、当たったのは、ゲストでいらした川崎に長らく住んでいるのに参加出来なかったエリアディレクターT部さん。今回引越しの際に、以前初めて川崎に引っ越してきた際、多摩川沿いを走りたいとの事で購入した自転車が、見るも無残な状態になっているとの事で、「自転車」を始めたいとのお話しを、流石、今夜の言葉、「合理的にも」をまじえてお話し頂きました。

3番目は、「この秋ぜひ見に行きたい紅葉はどこですか?」との事で当たったのは、K野さん。K野さんの見に行きたい紅葉は、ご自分の地元、伊勢原の紅葉を見に行きたいとのお話しをされました。大して観光に行くような場所ではない、はげ山など、ちょっとした皮肉を交えながらも、子供時代を懐かしんで地元愛の伝わる内容でした。

4番目は、IMG_2296_512.jpg読書の秋との事で「もう一度読み返したい本は何ですか?」とのお題で、A木さん。A木さんの読みたい本は、「龍馬が行く」との事でお話しをされました。A木さんはライフワークとして、秋に試験を受けているが、中々モチベーションが高くないと、試験勉強も手につかない。ただ「龍馬が行く」を読むことで、男として龍馬の生き方を感じ、こんなんではダメだと気合を入れ直し、試験に臨みたいとの抱負を語ってくれました。
 テーブルトピック賞は、梅しば、男梅について、熱く語ってくれたO田さん及び、「龍馬が行く」を読んで、モチベーションを上げて試験に臨みたいというA木さんの2名が受賞されました。

続いて論評セッションに移りました。本日の総合論評はO田さんです。
T内さんの論評は、Gさんです。今回、アイスブレイクとの事で初めてスピーチしたのにも関わらず、とても堂々とされており、ビックリしましたとの言葉で始まりました。良い点2つ、改善すべき点2つと具体的に例を挙げて、論評されました。 良い点1つ目は、最初と最後に「あなたのこよなく愛するものはなんですか?」と最初と最後に、スピーチを印象づける言葉を持ってきた事で、IMG_2297_512.jpgとても皆さんの注意をひき、スピーチを印象づけました。また、2つ目は、論理的な構成であること。3年前と現在を対比して、心の変化もスピーチに盛り込んだ事です。改善点は、残念ながらタイムオーバになってしまった点と、もう少しこよなく愛する事で、具体的に良いことがあった事例などを盛り込むともっと良くなると、とても的確で心温まる論評でした。
K野さんへの論評は、ほら吹きスピーチコンテストにクラブ代表として出場したM谷さん。良い点3つ、改善点2つを挙げて、論評をしてくれました。一つ目の良い点は、最初に笑いをとって、皆さんをスピーチ巻き込んでいった事。2つ目は、「わたしドアは嫌いです」と何度もリフレインする事で、言いたい事を強調する効果を挙げていた事。3つ目は、「ドア嫌い」という、インパクトのある言葉で、K野さんの天邪鬼さを表現していた事。改善点として、やはり経験者として、もっとスペースを有効に使うなど、適切な論評をするとともに、K野さんを上手に引き続きトーストでスピーチを勉強しましょうと勇気つけていました。
 S村さんへの論評は、Sさんです。Sさんにとって、とても為になるスピーチと笑いをとりながら、IMG_2299_512.jpg良い点3点、改善点1点に絞り論評をしてくれました。まず、良い点ですが、普通は言いたくない転職5回という事を随所に言う事で、聴衆との距離を一気に縮めた事。2点目、内容に関連性のあるジョークをつかう事で、内容を上手に補強して、理解しやすいものにしていた事。3点目は、ユーモラスなストーリで締めくくるところに対しては、ありとあらゆる辞め方をしてきた、最後に残るのは懲戒解雇しか残っていないと締めくくっていたなど、Sさんらしく、終始笑いのある論評を展開して頂きました。
 K林さんへの論評は、急遽O谷さんが出席できなくなったところを、快く引き受けて頂いたT部さんです。K林さんのスピーチを聞いて、自分がまさにクリスマスの中にいると自然にK林さんのスピーチがまさに感動的なスピーチであることを印象づける事から始まり、良い点3点、改善点2点で論評して頂きました。良い点1点目、まずタイトルが賢者の贈り物でなく、貧しくも美しい夫婦の物語と匂わせることで、感情をそそるのに役立っていた事。2つ目は、女性らしく女性の視点で物語を語ることで、より情景を印象づけていた事。3つ目は、中々内容としては、しんみりする内容なのに、今夜の言葉「合理的」を上手につかい聴衆を笑いの渦に巻き込んだ点が、素晴らしかったなどと論評して頂きました。
 総合論評は、O田さんです。今日は、M谷さんが、梨を用意して頂いたり、K林さんがお菓子を配って頂いたりと、お礼から始まり、A木さんの会長として、色々準備されていて、そのおかげで例会がしまるなど、皆さんを労いながらO田さんらしくスタートしました。
 TMOE K吉さんへのコメント、役割の変更が急遽はいったりしましたが、例会前に事前に役割を割振っていたおかげで、終始スムースに運ぶことが出来ました。ただ教育セッションでは、話の内容を上手く例会につなげて話すなど、工夫が欲しかったとの指摘もありました。
 今夜の言葉、A木さんへのコメント、通常の会話では、あまり使わない言葉ではあるが、例会の中で、使い方を考えられる余地のある言葉で、とても良い言葉を選んで頂いた。
 計時係、H本さんへのコメント、今回、ACマニュアルの方が2名もおり、スピーチ時間が異なることについて、事前に説明して頂いたおかげで、皆さんが予め、各スピーチ時間が異なることを認識するのに役立ちました。
 文法係・えーとカウンター、S山さんへのコメント、えーと、あのー、など先日のセミナーの実体験で、あまりにもえー、あのーが多すぎて、セミナーの内容に集中できなかった事例を、挙げて如何に、えー、あの、などの言葉が、スピーチを邪魔しているかを説明頂きました。
 テーブルトピックマスター、I上さんへのコメント、とても話易い内容のトピックで良かったです。
 T内さんへの論評、Gさんへのコメント、母国語ではないのに、適切に論評点をまとめて、
お話しできる事が、いつもすごいと思います。ただ今回、時間オーバーになってしまったので、もし時間がオーバーしそうであれば、黄色時点で、打ち切って、切り上げてしまうなど、臨機応変に、対応できると良いと思います。
 K野さんへの論評、M谷さんへのコメント、さすがM谷さん、色んなところを良く見ているなと感心させられました。K野さんが西側の皆さんをアイコンタクトしていないなど、私は、気づかなかったところを、キチンと見ていました。
 S村さんへの論評、Sさんへのコメント、論評の冒頭で、Sさんにとって役に立つ内容のスピーチと言う事で、S村さんに、Sさんの論評を受け入れやすくする効果がありました。
また、最後にS村さんのスピーチを聞いて、自分が何を得たか?「楽をしない」とS村さんの主張を再度取り上げることで論評について特に良くする効果がありました。
 K林さんの論評、T部さんへのコメント、急な役割のお願いだったにも関わらず、エリアディレクターをしているT部さんだけあり、さすがの論評でした。特にボディーランゲージが自然に論評の中で使う事が出来る点は、素晴らしいと思いました。

最後に、受賞者の発表IMG_2308_512.jpg
ベストスマイル賞:T部さん
ベスト論評者賞:M谷さん
ベストテーブルトピック賞:A木さん、O田さん
ベストスピーカ賞:K野さん

受賞者の皆さんおめでとうございました。

今回、2回目のTMOEを務めさせて頂きましたが、2度目なので、大分気持ち的には、余裕がありました。そんな時こそ失敗するので、気を引き締めて対応しました。前回のTMOEでは、スピーチが2本もキャンセルになり、時間がとても余ってしまい、非常に困りましたが、その時、M村さんが、即興でスピーチを名乗り出て頂きその場をなんとか繋ぐことができたのを思い出しました。今回も急遽O谷さんが論評できなくなりましたが、皆さんのアドバイスもあり、急遽T部さんに受けて頂くことで、なんとかなりました。自分も早く、論評など、急に振られても対応できるようになり、この川崎に貢献できるようになりたいと改めて思いました。また、例会中で指摘がありましたが、教育セッションについて、未だに理解出来ていない部分もあり、再度理解して、次回のTMOEには、適切に出来るようにしたいと思います。定刻どおりの例会運営にご協力頂きありがとうございました。

posted by kawa at 21:08| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする