川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2016年03月27日

第180回川崎トーストマスターズクラブ例会

2016315() 19:00〜 ミューザ川崎研修室1


開会 N島さん


司会 M田
入会式 O田さん(松本トーストマスターズクラブからの移籍)
1.jpg


例会のテーマ「テーブルトピックス活性化」
今日のことば「下の名前」(苗字ではなく名前で自己紹介・呼びかけをする)


計時係 I永さん
集計係 Sさん
文法係 T嶋さん
えーとカウンター N島さん


テーブルトピックスマスター Oさん
テーブルトピックス前半テーマ「コンテスト」
お題1「あなたのコンテストの思い出を教えてください」U辺さん
お題2「春のスピーチコンテストエリア一位のM谷さんに対してお祝いの言葉をかけてください」N島さん
お題3「N島さんのお祝いの言葉に対し、論評してください」K林さん

お題4「M谷さんのスピーチを聴いていませんが、想像の域でお祝いの言葉をかけてください」S村さん
お題5「スピーチコンテストの感想を述べてください」M谷さん


準備スピーチ1 「おめでとう」A木さん
14.jpg

準備スピーチ2 「花粉症との決別」Mさん

15.jpg

準備スピーチ3 「Life in Progress」T中さん

16.jpg


テーブルトピックス後半テーマ「ホワイトデー」
お題1「ホワイトデーに貰って嬉しいもの、嬉しいと思うものは何ですか」O田さん

お題2「もしカラーの日を作るなら何色で、何の日ですか」T嶋さん
お題3「今、本当に贈り物をしたい人は誰で、何を贈りますか」I永さん
お題4「あなたのホワイトデーの思い出を教えてください」M田
お題5「今、お返しに贈りたいものは何ですか、何故ですか」Sさん


総合論評 M谷さん
A木さんへの論評 S井さん
Mさんへの論評 O谷さん
T中さんへの論評 K林さん


ベストテーブルトピックススピーカー賞 Sさん
ベスト論評者賞 K林さん
ベストスピーカー賞 T中さん


閉会 N島さん


----


司会を担当しましたM田です。


ここ数か月ほどずっとテーブルトピックスの活性化について考えていたので、今回の例会司会のチャンスを使って、テーブルトピックスを明示的に取り上げる例会をしてみました。
ですが、今回の例会はもともと準備スピーカーが4名に入会式もあり、タイムスケジュールがかなりタイトな状態。
その中で如何にテーブルトピックスに時間を割くかを考えた結果、「無駄を省き、効率化」という結論にたどり着きました。
具体的に言うと、司会が話す時間を最小限に抑える、というものです。
私はファシリテーションに専念し、他の方が話す時間を増やす。


如何だったでしょうか。


上記観点で私自身の反省点は2点あります。
1点目は、例会のムード作りに欠けたこと。
やはり、例会開始の段階で、ある程度司会が空気を作ってから、次の流れへと進める必要があります。
例えば、例会のテーマに沿って「テーブルトピックスではできるだけ長く話しましょう」ということを徹底させたいなら、その方法(M谷さんが総合論評の際に提示してくださったPREP法等)を見せた方が、具体的なアクションが取りやすいですよね。
また、今夜の言葉を導入する際にも、もう少し盛り上げる話し方ができたかと思っています。


2点目は、盛り込みすぎてしまったこと。
私自身は何事にも密度の濃さを求めますが、全員が全員同じ濃度を求めているとは限りません。
内容を盛り込みすぎの例会は、場合によっては息切れを起こしてしまう人もいるということを、(誰かに言われたわけではありませんが)ちょっと感じました。
休憩時間も5分だと短いかもしれませんね。


以上、司会進行には反省点が多かったのですが、例会参加者1人1人の安定したご協力があり、きちんと例会メニューがこなせたことを感謝しています。
本当にありがとうございました!


O田さん、英語クラブから日本語クラブへの入会、ありがとうございます。
きっと日本語スピーチには英語スピーチと違うChallengeがあると思います。
一緒に頑張りましょう!

26.jpg


M田





posted by kawa at 09:00| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする