川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2016年03月13日

第179回川崎トーストマスターズクラブ例会

2016年3月1日 ミューザ川崎 研修室1

19時からいつものように川崎TMCの例会を開催しました。
今回、TMOE(司会)を務めたのは、J仙です。

ゲスト1名をお迎えしました。
教 育の部は、あるラジオ番組に紹介された「自己受容」の話が教育のテーマに取り入れました。「自己受容」とは、ありのままの自分を受け容れることです。もっ と自分に自信を持ちたい、もっと人間関係を改善したいなら、「自己受容」を深めたら効果的です。ありのままでいる勇気を持って、自分らしく生きることで、 本来自分の持つ力を発揮することができるようになるだそうです。
また、前回の例会のM村さんの「ありのままで」というタイトルのスピーチの内容と似ているような意味を持つので、今夜の言葉は「ありのままで」にしました。とても素敵な言葉だと思います。 

次に例会をサポートしてくれるヘルパーさんの紹介です。
計時係はM田さん、集計係はY本さん、文法係はM陽さん、えーとカウンターをK吉さんが務めました。 各ヘルパーさんは簡潔な言葉で役割説明をされていました。

さて、例会のメインイベントです。
今回の例会では、準備スピーチ2本と、前回の例会で優勝してエリアコンテストに出場なさるスピーチ2本で、合わせて4本のスピーチでした。

最初の1番目のスピーカーは、新しく入会したT嶋さんで、タイトルは「私の趣味は・・・」。
自 分が大切な趣味について紹介されました。自分でコーヒーを淹れて飲むようになったのは一人暮らしの時からでした。リフレッシュできるので、結婚した後の今 も、趣味を大切にしました。また、コーヒーについて、深く掘り下げていくようなお話をゆっくりと話していくのって、なんだか楽しそうだなあと思いました。
IMG_2442_512.jpg
2人目のスピーカーは、CCプロジェクトを終えたO谷さんで、今回はユーモアや個人的な体験談を使って聴衆を楽しませるスピーチを披露しました。タイトルは「今やりたいこと」。
ス ピーチが始まるとオペラーのような声で歌い始めました。春、夏、秋、冬を巧みに使い分けながら、家族全員のことをうまく取り入れて、今やりたいことは何な のかを説明してました。思わずみんな聞き入っていました。最後には、エリアコンテストに出場なさるM谷さんとK林さんへの鼓舞もスピーチの中に込めていま した。

3番目のスピーカーは、前回のクラブコンテストで優勝したM谷さんで、タイトルは 「ショルダーバック」。
日頃使うショルダーバックから、旦那さんの愛をいっぱい感じるエピソードを紹介してくれました。幸せのお裾分けをしてもらった気持ちになるようなスピーチで、会場もとても幸せな雰囲気に包まれていたようになりました。
IMG_2465_512.jpg
4番目のスピーカーは、前回のクラブコンテストで優勝したK林さんで、タイトルは、「スーパースター」。
自分の息子さんの成長の体験を踏まえながら、スーパースターから勇気を付けてくれた感動的なエピソードでした。人生の途上で出会う問題とその対処法について教えてくださいました。力強いメッセージが伝わってきました。
IMG_2476_512.jpg
そして、今回のテーブルトピックスマスターはM村さんが仕切りました。
前回のクラブコンテスト例会の要素を盛りたくさん取り入れて、動物への例え、思い出の話や、スピーチの作り方、上手くインタビューができたコツ、時間内に収めることなど出題をしてくださいました。

続いて、論評の部はS井さんが取り仕切ってくれました。
    
1番目のT嶋さんのスピーチに対して、S洋さんが論評されました。  
2番目スピーカーのO谷さんに対して、N島さんが論評されました。
3番目スピーカーのM谷さんと4番目のスピーカーのK林さんに対して、全員から一言の論評を頂きました。出席者全員が一言ずつの論評と鼓舞これもこれも素晴らしいアイディアでした!

総合論評のS井さんが例会全体を通して、適切なフィードバックをされました。
例会の最後にはゲストの方から、「楽しかった」との声をいただきました。

ベストテーブルトピックス賞は、M田さん
ベスト論評者賞は、N島さん  
ベストスピーカー賞は、T嶋さん
おめでとうございます♪IMG_2638_512.jpg

そして、最後に川崎TMCを代表してエリアコンテストに出場なさるM谷さんとK林さん、ご健闘をお祈りいたします。


posted by kawa at 13:22| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする