川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2010年04月10日

今井桜との再会

1年間ずっと会いたかった景色を見に、4月3日、中原区の武蔵小杉と元住吉の間にある、ある地点に出かけました。

20100403-3.jpg「今井桜」。
川崎トーストマスターズクラブの発起人にとっては、懐かしさで胸がいっぱいになるような、原風景の一つです。

写真の通り、小さな川の両橋に、ソメイヨシノが一面に咲いています。
この場所は、いわゆるよく知られた桜の名所と違い、お花見用の広大なスペースもなければ、夜桜のライトアップもありません。屋台の数もそんなに多くなければ、期間も短いです。いわば、人の手で無理に演出をしない場所です。そんなシンプルな、飾らない桜が、長年変わることの少ない、庶民的な商店の並ぶこの地区と重なるように思えます。
そしてそんな桜を見る時は、「日本にいることの幸せさ」を改めて思い出す瞬間であると同時に、同じ場所の桜を毎年眺めていると、ライフステージの変化を表す指標にもなっているように思います。



20100403-1.jpg
10代の頃、毎年3人で歩いて眺めていたこの桜は、
今では1人でしか見られなくなってしまいました。






20100403-2.jpg

せめて、この景色が、あと何十年も続きますように。
そしてその頃には、川崎に、首都圏に、そして日本全国に、いくつのトーストマスターズの「花」が咲いていることでしょうか。

(川崎トーストマスターズクラブ 発起人)

 
posted by kawa at 16:11| 好きですかわさき (地域情報) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする