川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2017年04月16日

第209回川崎トーストマスターズクラブ例会記録

209回例会記録@ミューザ川崎

201744日、第209回例会が川崎ミューザ会場で開催されました。3名ものゲストにご参加いただきました。エリア35ディレクターY田さん、元新橋TMC K野さん、2回目見学のPさ7_large[1]_512.jpgん。


定刻になって、会員担当副会長Sさんが会長代行して開会宣言をしました。Sさんは自然で明るい笑顔で開会の挨拶をして、和やかな雰囲気を作ってくれました。


本日のトーストマスターはJが務めました。教育セッション、今日の言葉、準備スピーチ、続いてテーブルトピックス、そして論評、という流れで進行しました。


教育セッションのテーマは「知行合一」です。物事を真に知るということについては行動に伴うことが大切に気づき、王陽明の実践あるのみの考え方をテーマに選びました。そして、自分なりに噛み砕いたうえ、トーストマスターズでいろんな役割と務めることにより、個人のスキル向上につながると説明しました。


続いては、今日の言葉です。Gさんが「目からウロコ」という言葉を紹介しました。鱗で目をふさがれた状態のようによく見えなかったものが、急にその鱗が落ちて鮮明に見えるようになったということ。例会でメンバーの才能や情熱を感じ取りながら、刺激的な知識に富んだ様々なことを学びました。そして、その後の例会の中でたくさんの方がこの「目からウロコ」の言葉を使ってくれました。5_large[1]_512.jpg


続いては、準備スピーチの部が行われました。


1番目は、H本さんの「安心して安全に暮らせる街づくりに参加しよう」。24_large[1]_512.jpg

例会の参加メンバーから協力者を募集して、自分が視覚障碍者を誘導する経験を交えながらどうやって誘導するかをご紹介いただきました。ボディーランゲージを使うには、適切なテーマでした。H本さんのジェスチャー、顔の表情、アイコンタクトも上手に使いました。







2番目は、K林さんの「鼻もちにならない女」。27_large[1]_512.jpg

幸せとは何かを考えさせるテーマのスピーチでした。ずっと自分のファミリーの高いクラスを基準に置いて比べたがることから、違った角度で物事を見ることができれば、考え方も変わり、幸せに成れるというストーリーでした。K林さんは舞台を効果的に活用し、自分の人生を目の前で展開されているかのような生き生きとした表現でスピーチしていただきました。






3番目は、O谷さんの「発見」。35_large[1]_512.jpg

忙しい日々に追われ、電車に乗るときに鉄道沿線の桜が満開されていることの発見から、おうちで料理を作る時の発見や、奥様は片目が一重まぶたもう片目のほうが二重まぶたの発見など、日常生活の面々から発見があり、そこに面白さと幸せを見つけ出しました。O谷さんのユーモラスな話し方と過去のTMで他者のスピーチを多く引用されていて、会場から笑い声を誘う場面が多々ありました。






準備スピーチに続くテーブルトピックスの部では、Oさんがテーブルトピックスマスターを担当しました。Oさんが参加メンバーとゲストの方のことをよく知っていて、当てる人に相応しい6つの質問がされました。


それぞれの質問は、「誕生日でうれしかったことは?」、「幸せって何ですか?」、「あなたがしているまたはしてみたいボランティアは?」、「あなたとあんぱん」、「コンテストで発見したことは?」、「あなたにとってのこれぞ横須賀は?」になります。メンバーのほか、ゲストの方にも答えていただき、即興ながらも、機知に富んだショートスピーチを行っていただきました。61_large[1]_512.jpg


休憩を挟んだ後、論評の部が行われました。

(仕事の影響により準備スピーチが1つ減りましたので論評の部で時間を調整しました。)H本さんのスピーチはO田さんが論評を行い、K林さんのスピーチに対してS井さんとS村さん2名が論評スピーチを行うことにしました。そして、O谷さんのスピーチはI上さんが論評を行いました。論評者の皆さんは忠実ながらしっかりと改善点にも触れ、スピーカーにとって気づきの多いフィードバックを行いました。




84_large[1]_512.jpgそして、本日の総合論評S山さんは、論評者の論評を踏まえ、例会全体を一つ一つ丁寧に論評してくれました。また、例会の全体を通して、その日その日しかできない桜という季節のネタを話題に取り入れた点を見出して論評してくれました。







続いては受賞者発表です。


・ベストテーブルトピックス賞 Y田さん120_large[1]_512.jpg

・ベスト論評賞 S井さん

・ベストスピーカー賞 H本さん

・ベストスマイル賞 Y田さん


こうして、2017年度最初の例会は、充実した内容で開催されました。これからもたくさんのメンバー・ゲストにお集まりいただき、笑顔あふれる例会が展開されることでしょう。


記 J


posted by kawa at 00:26| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする