川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2016年11月23日

第199回川崎トーストマスターズクラブ例会

第199回例会
2016年11月15日(火)
ミューザ川崎
本日の例会司会進行はS山です。
例会の始めにOさんから広島全国大会の報告がありました。英語も日本語もO嶋さん…と凄い人を「昔、川崎にも来ていたおっちゃん」と紹介(笑)早々に場を和ませて下さいました。IMG_3905_512.jpg

次に200回記念例会について
M実行委員長 より、日時、場所、会費等の説明
I上さんより、カラオケイベントについての説明がありました。


■教育セッション
今日の例会のテーマは、「感受性豊かに」。
思いやりを持った行動が取れるよう、感受性を豊かに…。まずは感じ取る心を育てて行きましょう。
というテーマでした。
・今夜の言葉係は Gさん。
日本語で一番好き!とホワイトボードを使ってご自身が好きな理由を折り交ぜながら、丁寧に説明をしIMG_3906_512.jpgてくださいました。
・計時係はH本さん
テーブルトピックス、準備スピーチ、論評と、一つひとつを丁寧に説明をしながら、「一生懸命カードを上げます」と今夜の言葉もしっかり入れ、更にスピーカー以外の全員が意識して例会を時間通りに終わらせるよう、促して下さいました。
・集計係は、Gさん
今日も5つの素晴らしいスピーチがあると思いますが…とスピーカーに敬意を表しながら、難しい説明をGさんの言葉で、丁寧に伝えてくだいました。Gさんの一生懸命が伝わる役割説明でした。
・文法係は、I上さん
皆さんの印象深い素敵な言葉を一生懸命聞きたいと思います?と、pointを絞って分かりやすく説明してくれました。
・えーとカウンターがMさん、
えーとやあのーと言いそうになったら一生懸命耐えて!と笑顔で役割説明を締めて下さいました。
なんと、すべての役割説明に、サラリと今夜の言葉「一生懸命」が掛かるという、素晴らしいスタートとなりました。
今日の準備スピーチは5本です。



●1人目はさんY田さんIMG_3911_512.jpg
「運動のすすめ」
厚生労働省の運動している人の割合30%というリアルな数字と運動しないと病気のリスクが高まるという情報で興味を引きながら、ご自身の体験からランニングのお勧めポイントを分かりやすく説明してくれました。
ランニングの苦手な人にも階段を使うなど生活習慣の中で取り入れられる提案もしてくれて、明日からやってみよう!という気持ちにさせてくれました。
研修帰りでお疲れ?…を感じさせないほど爽やかなスピーチでした!
これもランニングのおかげかな〜?




●2人目はA木さんIMG_3914_512.jpg
「TMの教育プログラム」
トーストマスターズでのみんなの目的を改めて整理し、示した上で、
ご自身の反省の中から選んだ資料を配布してくれました。
その場にいる全員にしっかり当てはまる事例で、マテリアルにCCマニュアルを使い、教育担当の言葉ならではの説得力がありました。
定期的に参加し、役割を積極的に引き受ける事がコミュニケーションとリーダーシップを身に付ける上で近道であると、再認識できるスピーチでした。




●3人目はSさんIMG_3915_512.jpg
「食品の品質可視化技術」
消費期限が明確でない食品の
食べられるか食べられないかが、「色」で判断できるようになるかもしれない!という、夢のような技術についてお話をしてくれました!
本来は到底7分ではまとまらないであろうと推察される情報の中から、図表を用いて優しくその原理を説明をしてくれました。
なのでバイオサーモメーターは増え続ける食品ロスを減らすため画期的な技術である事が理解できました。
今回はご自身が実際に取り組まれている研究とあって、いつも以上に熱の入ったスピーチでした。





●4人目はJさんIMG_3917_512.jpg
「火鍋」
中国では寒くなったら火鍋、傷心したら火鍋…前を通ったら火鍋(笑)…とテンポ良く、火鍋が大人気である様子が伝わってくる軽快な出だしでした。
Jさんのお茶目な一面も顔を出して、出張先で日本料理に飽きて、とにかく火鍋が食べたくて仕方ない様子がよく伝わってきました。
お土産に買った火鍋の素で友人家族を招待した際のエピソードも
冒頭の「中国人は皆火鍋好きだ」という刷り込みが効いていて、辛いモノが苦手な中国人もいるなんて〜と、
始めから最後まで笑い溢れる楽しいスピーチでした。





●5人目はS村さんIMG_3919_512.jpg
「ブラック社員脱却2016」
枕部分は某ブラック企業の時事ネタで笑いを誘い、皆さんの心を掴む、圧巻の滑り出し…。
ブラック社員の定義は意外にもご自身の今までの自分本位な仕事のスタンス。
仕事をする際は
・使う相手の事を考えて
・基本に忠実に
と、ご自身の経験と教訓を話してくれました。
人にどう思われるか?は大事。
自分本位になりそうになったら基本を思い出して!と、
笑いの中にも真面目なメッセージが込められている、私はどうなのか?と問いかけられているようなスピーチでした。





■テーブルトピックスマスターはIMG_3921_512.jpg
大谷さん。
 あらゆる、古い習慣と新しい習慣について問う内容です。
●お題1「スマートフォンと携帯はどちらが好き?」ご指名頂いたのは、S山。
自宅にパソコンがないため、パソコンの代わりを担うスマートフォンは欠かせない。という内容でした。
●お題2「七五三の思い出は」は、I上さん。
上のお嬢さんの七五三は、初めてのイベント。3才の節目を迎えて大きくなったな〜と、感激された様子やおめかしして行ったレストランで走り回った愛くるしいエピソードをお話ししてくれました。
●お題3「来年のハロウィンはどお過ごしたい?」は、M田さん。
子供の頃、仮装よりも、人の家に行ってお菓子をもらってみたかった!楽しそう!
そしてご自身のリサーチから日本の子供たちはハロウィンで各家庭を回ってお菓子をもらう習慣はなく、アメリカのようにお菓子をもらうイベントにしたい?と自分の思いとアイディアを話して下さいました。
●お題4「SNSをどう使うと良いか?」は、A木さん。
フェイスブックなどSNSはあまり使っていない…という出だしから一転、ラインはスタンプで会話ができて楽しい。スタンプで返事をすると、思ったのと、違う反応のスタンプが返ってきたりする。と言いながら、最近ライン友の?Kさんから私にはスタンプが来ない。と楽しい 掛け合いもありました。
●お題5「新しい習慣と古い習慣どちらが好き?」K林さん
 もう少し絞って!とのK林の要望からテーマは「年賀状とメールどちらが好きか」に。
毎年 年賀状は手書きをしていると驚かせてくれました。
NHKの某女子アナが写真付き年賀状をもらって思う心の声?(笑)を話題に出しながら、今年はどんな事を書こうかな〜と、考えている。と話して下さいました。
新旧の習慣それぞれの良いところを感じられる、楽しいテーブルトピックスでした。





■論評のコーナーIMG_3903_512.jpg
●Y田さんへの論評は、M谷さん
始めにY田さんのCC3の目的を確認した上で論評に入られ、
ランニングの3つのメリットを上げて、ポイントを押さえられていた。と、評価されました。
アドバイスも2つありました。
ご自身もランニングが趣味であり、Y田さんのスピーチを楽しんだ様子が伝わってきました。
●A木さんへの論評は、S井さん
マニュアルに沿った4つのポイントをじゅんばんに、丁寧に、評価されていました。
CC7を利用して自分の役員としてのメッセージを示し、又 そのチャンスを活かした。今の時期にこの話しをするのは、流石?と
偶然ながら、前教育担当から現教育担当へ送るエールとも思えるような
なんとも、今回のスピーチにふさわしい論評でした。
●Mさんへの論評は、K林さん
食品ロスという身近な問題をテーマを評価されつつ、中盤で使われた計算式等の資料は少し難しかったので、一般の人にも分かりやすくするために、食品ロスの「もったいない」ところを広げても良かったのではないか?と、ご自身の消費生活相談員としてのご経験を基にアドバイスされました。
また、5日経ったら食べますか?の質問の場面はアイテムを限定するとより良いと流石のアドバイス。
辛口ながらも、7分で良くまとめていたと、愛情たっぷりの論評でした。
●Jさんへの論評は、I塚さん
このスピーチは楽しい?興味深く聞いてもらう。と整理した上で、
Jさんの、豊かな表現力と、落ちがあったから最後まで楽しく聞けた2点を評価されました。
また、今回のテーマは火鍋だけに辛口で(笑)とした上で、火鍋に絞ったシンプルな構成にし、火鍋の美味しさなど五感に訴える、イメージをさせる内容を加えると、より、興味深く聞いてもらえるとアドバイス。I塚さん言葉のチョイスも流石の論評でした。
●S村さんへの論評は、Oさん
ブラック社員だった事に気づいてホワイト社員へ…と、
なんとも、うまい表現でスピーチを振り返ったあと、
S村さんの聞かせるテクニックは
2つの教訓を、自分を少し低く見せる自らのエピソードによって、聞き手に、思い当たる節があると感じてもらえる。と評価されました。
せっかく会社を5つ経験しているのに。なんでやめたか気になるから、5つの会社での経験をシェアすると、もっと良くなる!と、実演講習宛らの笑いも取る圧巻の論評でした。



■ヘルパー報告
・文法係 I上さん
一人ひとりの印象深い表現を
細かく拾いあげて発表してくれました。
・えーとカウンター Mさん
時間が押すなかコンパクトに、各コーナー毎に分かりやすく報告してくれました。
・今夜の言葉 Gさん
日本語を聞き取るだけでも難しいと思いますが、一生懸命を一生懸命探してくれたんだな〜と感じさせてくれるヘルパー報告でした。
●総合論評はM田さん。
この時点でかなり時間が押していたにもかかわらず、
ポイントを絞って、良かった点と改善点をコメントしてくれました。
中でも論評の時間に下を向いている人が多いというご指摘があり、
私自身が、論評はコメントタイムがないせいか、ついついメモを取りたくなってしまい、下を向いてしまっていることに気づかされました。
聞く姿勢を意識しなくてはと反省しました。
M田さんの絶妙なコントロールで例会を時間通りに終えることができました!
さすがのタイムマネジメント、ありがとうございました。




■今回の例会での受賞者はIMG_3943_512.jpg
ベストスマイル賞 A木さん
ベストテーブルトピックス賞 M田さん
ベスト論評者賞 Oさん
ベストスピーカー賞は2名
Sさん、S村さん  でした!
おめでとうございます!
最後にOさんより報告
先日広島で行われた全国大会にてカンファレンスに参加し、来年秋のコンテストについて話し合われた結果、ホラ吹きに決まりました。是非みんなでシェアして楽しみましょう!
以上です。
記:S山
posted by kawa at 23:24| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

第198回川崎トーストマスターズクラブ例会

2016111()

ミューザ川崎


本日の例会司会進行はM田です。0002_xlarge_512.jpg

久しぶりの司会は、とても大らかな気持ちで臨めました。

初めて司会を担当した時には、

メールを出すにもアジェンダを作るにも緊張したものでしたが、

私もなんだかトースト慣れしたんだなぁという感じです。


ただ、気が抜けすぎてアジェンダに多々不備があったことは失礼いたしました。

やはり、ある程度の緊張感は必要ですね。


例会はGさんの入会式から始まりました。0004_xlarge_512.jpg

入会のスピーチは、ご自身の名前の書き方(日本語には無い漢字!)や

現在のお仕事、そしてトーストマスターズに興味を持った経緯など、

まさに入会のスピーチのお手本のような内容でした。

メンターはO田さん。

日本語やコミュニケーションスキルアップに、川崎TMCを思い切り活用してくださいね


今日の例会のテーマは、「聴く時も笑顔、正しい姿勢で」。

聴く側の雰囲気1つで、スピーカーを勇気づけることができる、

トーストマスターズはスピーチを学ぶ場であるからでこそ、

聴き方も意識しようというテーマでした。

皆さま、例会中、いつもよりもちょっと積極的に聴くことができましたか?


例会のヘルパーは、急遽多役兼任で、

今夜の言葉係、文法係、えーとカウンターがS村さん、

計時係、集計係がK林さん。

例会開始直前のアサインだったにも関わらず、

今夜の言葉「目標」を自在に織り交ぜながら、丁寧な役割説明をしてくださいました。


準備スピーチは5本。


1人目はH本さんで、「頭の中の整理法」0009_xlarge_512.jpg

図解思考の技術を応用した整理方法を解説。

各技術について適切なイメージを見せながらの説明は非常に滑らかで、

すっきり整然としたスピーチでした!

情報が整理されているとこんなふうに話せるのかな?と思わせてくれました。





2人目はS山さんで、「口内炎と都市伝説」0015_xlarge_512.jpg

2日後に控えた鉄板焼きパーティーを美味しく楽しむためにも、

何とか舌先の口内炎を直したい!

という笑いを誘うエピソードを元に、

巷に転がる口内炎の治し方を多数紹介・検証。

最終的なお勧めはイソジンでのうがいとのことで、

面白さと実益を兼ね備えたスピーチでした。





3人目はMさんで、「お先に失礼します」0019_xlarge_512.jpg

東日本大震災の10か月に起きた出来事。。。(さて何でしょう?)

というちょっと大人なスタートが何とも印象的なスピーチでした。

17:30定時で18:00退社は何も悪い事ではないし、

残業がなくなると世の中良いことだらけなのに、

「お先に失礼します」という言葉のせいで卑屈な気持ちになる、

だからこれを「さようなら」に変えたい。

独自の視点でとても説得力のあるスピーチでした。





4人目はN島さんで、「ディストリクト76入会金値上げの提案」0022_xlarge_512.jpg

アドバンススピーチプロジェクトの「反対に対処する」というテーマに基づき、

絶対に会員から反対されそうな入会金値上げ(プラス既存会員から差額徴収)を提案。

日本語マニュアルの改善のため、という明確な理由をつけ、

ご自身の経験を挟みながらの説得は、聴きごたえがありました。

その後、2−3分の質疑応答では、

値上げの金額の根拠や値上げによる会員減少分の補填など、

鋭い質問が投げられており、笑い溢れる楽しいひと時でした。





5人目はゲストのPさんで、「たった5文字の言葉」0027_xlarge_512.jpg

「ありがとう」という言葉を使うのは照れくさいと思っていたけれど、

ある出来事で見知らぬ方から言われた心からの「ありがとう」に胸を打たれ、

この言葉の不思議な力を知ったというエピソードを紹介。

そして、この感謝の気持ちを人から人へ、

ひいては世界へとつなげて行きたいというメッセージが、とても素敵でした。

11つの言葉を落ち着いて丁寧に話されていて、耳に心地よいスピーチでした。


即興スピーチの担当はS井さん。

近々開催される200回記念例会のテーマに関連したお題を出題されました。0029_xlarge_512.jpg


お題1「最近又はTMCに入ってから感謝したこと」は、S村さん。

たくさんありすぎるという一言に始まり、

全く人前で話せなかった自身がTMCで変わり、面接で合格を勝ち取るまでになったこと、

TMCに出会えなかったら引きこもりになっていたという

感謝こもったスピーチでした。


お題2「最近又はTMCに入ってから感動したこと」は、Gさん。

2回の見学を経て本日入会したばかりのGさん、

見学時にスピーチの感想コメントを渡す際の自然な微笑みや

笑顔に感動したという嬉しいスピーチを頂きました。


お題3「期待」は、N島さん。

面白いスピーチをする人を見たのが入会のきっかけだったというN島さん。

そろそろまたスピーチが聞きたいなぁとご本人に話しかけていました。


お題4「希望」は、H本さん。

近々全国大会が開催されることに絡め、

現在の川崎メンバーから全国大会挑戦者が出ることを希望!

という大きな希望を頂きました!


各準備スピーチへの論評は、全員持ち時間の3分を超える熱い論評となりました。


H本さんへの論評は、A木さん

スピーカーのH本さんに常に目を向けた、とても暖かい論評でした。

原稿をど忘れすることがあっても

「忘れてるんじゃないですよ、間を取ってるんですよ!」

という見せ方が出来たら尚良しとのことでした。


S山さんへの論評は、O田さん

「皆さん、口内炎の治し方が分かった!と思いましたか?

思っていたら、杉山さんの目標達成です!」という素敵な導入から始まる

明快な論評でした。


Mさんへの論評は、Jさん

スピーチの中で間を活用したことや、表情、提案内容共に良かったので、

更にMさん自身が実践できている内容を紹介するとより良くなるという論評でした。


N島さんへの論評は、I塚さん

ご自身の経験に沿った話となっており、聴衆の共感を生む内容だったが、

I塚さん自身は入会金の追加分を払いたいとは思えなかったとのこと。

同意を得るには、相手の感情に訴えるためにも、

将来どのようにプラスになるのか、楽しいストーリーを語ることが大切という

流石の論評でした。


Pさんへの論評は、O谷さん

Pさんは何故日本語がこんなにうまいのか、と

きっと今日Pさんのスピーチを聞いた誰もが感じたことを

素直に代弁してくださっている、そんな論評でした。


ヘルパー報告は、文法係・えーとカウンター・今夜の言葉が兼任だったこともあり、

各スピーカーに対し全観点でのフィードバックをしていくというスタイルでした。

特に文法係として「パブリックスピーチとしてふさわしい言葉遣いか否か」という視点で

各話者の言葉遣いを丁寧に洗い出しされていたのが素晴らしかったです。

日本語クラブでは文法係の役割が曖昧になりがちですが、

無意識に使いがちな不適切な言葉遣いを改めて見直す機会になる、

文法係の価値を感じさせてくれるヘルパー報告でした。


総合論評はSさん。

持ち時間が非常に短い中でも、

準備スピーカー以外の全員に対し平等に良かった点をコメントしていました。

総合論評は例会の最後の時間調整も担っていますが、

その立場をきちんと認識してくださっていたおかげで、

最終的に例会をオンタイムに戻すことができました!

素晴らしいタイムマネジメント、ありがとうございます。


今回の例会での受賞者は

 ベストスマイル賞 M田

 ベストテーブルトピックス賞 S村さん0039_xlarge_512.jpg

 ベスト論評者賞 A木さん

 ベストスピーカー賞 Pさん

でした!おめでとうございます!


今回はスピーチ5本に入会式という忙しいプログラムでしたが、

皆さまのおかげで、大幅な遅れも無く例会を終了できました!

本日も学び多いひと時をありがとうございました!

posted by kawa at 23:23| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第197回川崎トーストマスターズクラブ例会

20161018日 ミューザ川崎 研修室1

定刻通りにM田会長のゲスト紹介から開始されました。本日のゲストはGさん、O長さん、Pジさん、Aトさん、I藤さんです。
今回のTMOEは久しぶりのM村。例会までの準備がスムーズに進むか心配しましたが、皆さん期日までに役割確認、スピーチタイトルの連絡をしていただき、余裕を持って準備をすることができました。

今回の例会のテーマは『+1』です。信頼関係を築くにはコミュニケーションをとることが重要。コメントシートを渡すときに「いつもより一言多く伝えましょう」という思いを込めました。IMG_3529_512.jpg

今夜の言葉はMりさん。最近よく目にする表現、『○○すぎる○○』を、例示を示しながら説明されました。
そして、ヘルパーの紹介
計時係を A木さん
集計係を Mりさん
文法係を Sきさん
え〜とカウンターを H本さん

H本さんは突然の依頼を快諾していただき役割を果たしてくれました。
それぞれ、皆さんご自分の言葉で丁寧に役割紹介をしていただきました。


早速準備スピーチです。

1番目のスピーチはCC2、U田さん。タイトルは「『生』の目的」IMG_3537_512.jpg

最初に生きる目的を聴衆に質問をしました。お金?不老不死?

遺伝子でベルでは子孫を残すことが生きる目的であることを伝えました。子孫を残すこととは競争に勝つこと。そのためには武器が必要。人間の武器は言葉であるという展開をして、トーストマスターズは武器を得る場所というまとめをしました。

導入部分で今夜の言葉を連発し、うまく聴衆を引き込んだ楽しくもあり考えさせられるスピーチでした。




2番目のスピーチはCC3、K吉さん。「明治のロマン」IMG_3540_512.jpg

世界遺産は全部で1052、そのうち20件が日本にあります。今回はそのうちの文化遺産である軍艦島の説明をされました。軍艦島は炭鉱であり、そこには日本で最も古い鉄筋コンクリート住居があること、人口密度が高いこと、テレビ普及率が100%であることなどを説明し、そのことから軍艦島は日本の近代化を象徴する遺産であるということを、写真を使用しながら説明されました。皆が日本の歴史に浸るスピーチでした。




3番目のスピーチはCC9、M田さん。「ステキ訪れる(?)スーパーフード」IMG_3542_512.jpg
インドに住んでいたころの話。マグロが食べたい。インドでは当時なかなか食べられなかったが、その機会を得たM田さん。マグロパーティー?が始まる寸前に停電したが、構わず運ばれてきたマグロをパクパク。電気が回復してお皿をみるとそこにはマグロではなくアボカド。そんな楽しい導入からアボカドの栄養豊富なこと、アボカドを食べ続けた友人・ご本人が得た効用・素敵な経験を話されていました。



4番目のスピーチはAC3、O谷さん「視力回復術」IMG_3545_512.jpg
秋と言えば「読書の秋」。でも最近奥様の顔が見えなくなるくらい目が悪くなってきたO谷さん。メガネをかけてみたら世界が変わったことから、聴衆に視力関係の雑誌をみせたり、ツボ押しやマッサージなど実演を交えながら目が良くなるトレーニングを教えてくれました。最後は超音波の機械を取り出し聴衆をびっくりさせていました。


休憩後、次はI上さんのテーブルトピックス。IMG_3551_512.jpg
ハロウィンに関するお題を出されました。

ハロウィンの火付け役はディズニーであることやハロウィンと仮装の日本文化がマッチしたことでハロウィンが日本に定着したことを話されました。

@クリスマスより好きなところは
I塚さん

Aどのように子どもたちが喜ぶパーティーにしますか?
田さん

Bどのように大人たちが喜ぶパーティーにしますか?
K林さん

C落ち込んだ恋人を励ますためハロウィンデート。どこに連れて行きますか?
Sきさん

D同じ質問を
→ゲスト Aトさん


皆さん、1分以上頑張ってお話ししていました。

コントロールをO田さんへ論評セッションのスタートです。

1番目のスピーカーに対して S村さん
「生きることについて話す」というアウトライン(全体像)を話したこと、問いかけの後10秒ほど間を空けて聴衆をひきつけたことを良い点としてあげました。
改善点としては、問いかけの後誰かに意見を聞いたほうが良かったということをあげました。

2番目のスピーカーに対して M谷さん
スピーチを質問から初めて聴衆を巻き込んだこと、ビジュアルエイドを使用したこと、目標にそったスピーチをしたことを良い点としてあげました。

改善点としては、時間オーバーについて対処法とともに触れていました。

3番目のスピーカーに対して I塚さん
導入部分がうまいこと、論理と感情の使い分けがうまいことを良い点としてあげました。

改善点としては、聴衆に毎日アボカドを食べさせるためのアイディアを伝えたほうが良いということをあげました。

4番目のスピーカーに対して S井さん
実演スピーチで大切なことは聴衆をひき続けることで、本を配ること、ロープを使用し視力回復法を伝えたことでそれを達成していたことを良い点としてあげていました。

改善点としては様々な実演の中でどれを使えば良いかを伝えることで聴衆に行動を起こさせることができるということをあげていました。


総合論評はO田さん。IMG_3527_512.jpg

会全体を細かく見て論評をしていました。
会長、TMOE、各ヘルパー紹介、テーブルトピックスマスター、各論評者へ1つ1つ気づいた点、良い点、改善点を詳細にフィールドバックされました。とても冷静な分析をした総合論評でした。
ゲストの方や会場全体に気を配ることの大切さを学びました。


受賞者の発表です。
ベストスマイル賞:M田さん
ベストテーブルトピックス賞:SきさんIMG_3579_512.jpg
ベスト論評者賞:S村さん
ベストスピーカー賞M田さん

おめでとうございます。


続いて入会式です。
入会は「えっ?まだ、入会してなかったの?」のS村さんです。IMG_3585_512.jpg
さまざまなクラブで経験を積まれてきたベテランなので、川崎の力になってくれること間違いありません。
「なんでもやります」との力強い入会スピーチをしてくれました。よろしくお願いします。

最後には、ゲストさんからのコメントをいただき、Gさんからは入会宣言を頂き例会は終了しました。

M村記
posted by kawa at 23:08| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする