川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2016年03月27日

第180回川崎トーストマスターズクラブ例会

2016315() 19:00〜 ミューザ川崎研修室1


開会 N島さん


司会 M田
入会式 O田さん(松本トーストマスターズクラブからの移籍)
1.jpg


例会のテーマ「テーブルトピックス活性化」
今日のことば「下の名前」(苗字ではなく名前で自己紹介・呼びかけをする)


計時係 I永さん
集計係 Sさん
文法係 T嶋さん
えーとカウンター N島さん


テーブルトピックスマスター Oさん
テーブルトピックス前半テーマ「コンテスト」
お題1「あなたのコンテストの思い出を教えてください」U辺さん
お題2「春のスピーチコンテストエリア一位のM谷さんに対してお祝いの言葉をかけてください」N島さん
お題3「N島さんのお祝いの言葉に対し、論評してください」K林さん

お題4「M谷さんのスピーチを聴いていませんが、想像の域でお祝いの言葉をかけてください」S村さん
お題5「スピーチコンテストの感想を述べてください」M谷さん


準備スピーチ1 「おめでとう」A木さん
14.jpg

準備スピーチ2 「花粉症との決別」Mさん

15.jpg

準備スピーチ3 「Life in Progress」T中さん

16.jpg


テーブルトピックス後半テーマ「ホワイトデー」
お題1「ホワイトデーに貰って嬉しいもの、嬉しいと思うものは何ですか」O田さん

お題2「もしカラーの日を作るなら何色で、何の日ですか」T嶋さん
お題3「今、本当に贈り物をしたい人は誰で、何を贈りますか」I永さん
お題4「あなたのホワイトデーの思い出を教えてください」M田
お題5「今、お返しに贈りたいものは何ですか、何故ですか」Sさん


総合論評 M谷さん
A木さんへの論評 S井さん
Mさんへの論評 O谷さん
T中さんへの論評 K林さん


ベストテーブルトピックススピーカー賞 Sさん
ベスト論評者賞 K林さん
ベストスピーカー賞 T中さん


閉会 N島さん


----


司会を担当しましたM田です。


ここ数か月ほどずっとテーブルトピックスの活性化について考えていたので、今回の例会司会のチャンスを使って、テーブルトピックスを明示的に取り上げる例会をしてみました。
ですが、今回の例会はもともと準備スピーカーが4名に入会式もあり、タイムスケジュールがかなりタイトな状態。
その中で如何にテーブルトピックスに時間を割くかを考えた結果、「無駄を省き、効率化」という結論にたどり着きました。
具体的に言うと、司会が話す時間を最小限に抑える、というものです。
私はファシリテーションに専念し、他の方が話す時間を増やす。


如何だったでしょうか。


上記観点で私自身の反省点は2点あります。
1点目は、例会のムード作りに欠けたこと。
やはり、例会開始の段階で、ある程度司会が空気を作ってから、次の流れへと進める必要があります。
例えば、例会のテーマに沿って「テーブルトピックスではできるだけ長く話しましょう」ということを徹底させたいなら、その方法(M谷さんが総合論評の際に提示してくださったPREP法等)を見せた方が、具体的なアクションが取りやすいですよね。
また、今夜の言葉を導入する際にも、もう少し盛り上げる話し方ができたかと思っています。


2点目は、盛り込みすぎてしまったこと。
私自身は何事にも密度の濃さを求めますが、全員が全員同じ濃度を求めているとは限りません。
内容を盛り込みすぎの例会は、場合によっては息切れを起こしてしまう人もいるということを、(誰かに言われたわけではありませんが)ちょっと感じました。
休憩時間も5分だと短いかもしれませんね。


以上、司会進行には反省点が多かったのですが、例会参加者1人1人の安定したご協力があり、きちんと例会メニューがこなせたことを感謝しています。
本当にありがとうございました!


O田さん、英語クラブから日本語クラブへの入会、ありがとうございます。
きっと日本語スピーチには英語スピーチと違うChallengeがあると思います。
一緒に頑張りましょう!

26.jpg


M田





posted by kawa at 09:00| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

第179回川崎トーストマスターズクラブ例会

2016年3月1日 ミューザ川崎 研修室1

19時からいつものように川崎TMCの例会を開催しました。
今回、TMOE(司会)を務めたのは、J仙です。

ゲスト1名をお迎えしました。
教 育の部は、あるラジオ番組に紹介された「自己受容」の話が教育のテーマに取り入れました。「自己受容」とは、ありのままの自分を受け容れることです。もっ と自分に自信を持ちたい、もっと人間関係を改善したいなら、「自己受容」を深めたら効果的です。ありのままでいる勇気を持って、自分らしく生きることで、 本来自分の持つ力を発揮することができるようになるだそうです。
また、前回の例会のM村さんの「ありのままで」というタイトルのスピーチの内容と似ているような意味を持つので、今夜の言葉は「ありのままで」にしました。とても素敵な言葉だと思います。 

次に例会をサポートしてくれるヘルパーさんの紹介です。
計時係はM田さん、集計係はY本さん、文法係はM陽さん、えーとカウンターをK吉さんが務めました。 各ヘルパーさんは簡潔な言葉で役割説明をされていました。

さて、例会のメインイベントです。
今回の例会では、準備スピーチ2本と、前回の例会で優勝してエリアコンテストに出場なさるスピーチ2本で、合わせて4本のスピーチでした。

最初の1番目のスピーカーは、新しく入会したT嶋さんで、タイトルは「私の趣味は・・・」。
自 分が大切な趣味について紹介されました。自分でコーヒーを淹れて飲むようになったのは一人暮らしの時からでした。リフレッシュできるので、結婚した後の今 も、趣味を大切にしました。また、コーヒーについて、深く掘り下げていくようなお話をゆっくりと話していくのって、なんだか楽しそうだなあと思いました。
IMG_2442_512.jpg
2人目のスピーカーは、CCプロジェクトを終えたO谷さんで、今回はユーモアや個人的な体験談を使って聴衆を楽しませるスピーチを披露しました。タイトルは「今やりたいこと」。
ス ピーチが始まるとオペラーのような声で歌い始めました。春、夏、秋、冬を巧みに使い分けながら、家族全員のことをうまく取り入れて、今やりたいことは何な のかを説明してました。思わずみんな聞き入っていました。最後には、エリアコンテストに出場なさるM谷さんとK林さんへの鼓舞もスピーチの中に込めていま した。

3番目のスピーカーは、前回のクラブコンテストで優勝したM谷さんで、タイトルは 「ショルダーバック」。
日頃使うショルダーバックから、旦那さんの愛をいっぱい感じるエピソードを紹介してくれました。幸せのお裾分けをしてもらった気持ちになるようなスピーチで、会場もとても幸せな雰囲気に包まれていたようになりました。
IMG_2465_512.jpg
4番目のスピーカーは、前回のクラブコンテストで優勝したK林さんで、タイトルは、「スーパースター」。
自分の息子さんの成長の体験を踏まえながら、スーパースターから勇気を付けてくれた感動的なエピソードでした。人生の途上で出会う問題とその対処法について教えてくださいました。力強いメッセージが伝わってきました。
IMG_2476_512.jpg
そして、今回のテーブルトピックスマスターはM村さんが仕切りました。
前回のクラブコンテスト例会の要素を盛りたくさん取り入れて、動物への例え、思い出の話や、スピーチの作り方、上手くインタビューができたコツ、時間内に収めることなど出題をしてくださいました。

続いて、論評の部はS井さんが取り仕切ってくれました。
    
1番目のT嶋さんのスピーチに対して、S洋さんが論評されました。  
2番目スピーカーのO谷さんに対して、N島さんが論評されました。
3番目スピーカーのM谷さんと4番目のスピーカーのK林さんに対して、全員から一言の論評を頂きました。出席者全員が一言ずつの論評と鼓舞これもこれも素晴らしいアイディアでした!

総合論評のS井さんが例会全体を通して、適切なフィードバックをされました。
例会の最後にはゲストの方から、「楽しかった」との声をいただきました。

ベストテーブルトピックス賞は、M田さん
ベスト論評者賞は、N島さん  
ベストスピーカー賞は、T嶋さん
おめでとうございます♪IMG_2638_512.jpg

そして、最後に川崎TMCを代表してエリアコンテストに出場なさるM谷さんとK林さん、ご健闘をお祈りいたします。


posted by kawa at 13:22| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第178回クラブ内日本語スピーチコンテスト

2016.2.16  川崎市産業振興会館 第一会議室

定例の19時から、スピーカー、審査員、各係のブリーフィング開始しました。

スピーカーの順番は、I永得意のタロットで決めました。


計時係のN岸さんは、A木さんのかわりに急遽、役割を立候補してくれました!

同じく計時係のK吉さんは、前回入会宣言されたばかりでしたが、さっそく役割をお引き受け頂きすごいですね!

会場係のY本さんも、入会宣言されたばかりなのに、事前準備の為に早めに来て頂き非常に助かりました。

同じく会場係のM田さん、いつもきめ細やかな対応ありがとうございます!

集計係のN島さんは、審査員もありますがお引き受け頂き、感謝します。

同じく、集計係のS井さんさすが、テキパキと対応頂きました。



そして本日ゲストはなんと!10名ご来場。


本日の実行委員長はI永が務めました。

審査員長はN島さんです。


H田さんがさつまいものケーキを焼いて来てくれました。

嬉しい事に、一枚づつラッピングされ、皆に配られます。

本当にお気遣いが素晴らしいです。


ブリーフィング後は、スピーチの規則の説明です。ここは時間通りスムーズにすすみました。


スピーカーは6名となります。残念ながらO谷さんは欠席ですが次回に期待します!


1番目のスピーカーはM村さんの「ありのままで」

タイトル通り「ありのまま」の曲からスタートします。即座に「安心してください〜」と会場を笑わせるところはM村さんらしかったです。ご自身の朝早く起きる事や手帳に記載することなど行動が伴っているところがスピーチにも説得力を増していました。最後「安心してください。もう歌いませんから」から入り、最後も曲でしめたところも、また、M村さんらしく、ところどころユーモアが感じられ、会場全体が和むようなスピーチでした


2番目のスピーカーはK林さんの「○○をつくりましょう」

タイトルから、「○○ってなんだろう?」とぐっとひきつけられます。しかし、映画ではなく、今話題になっているお話も取り入れ、しょっぱなから目が離せない展開となりました。聴衆に「?」を感じさせることで、より惹き付けられ、生きる事や人生を考えさせられました。またK林さんのあたたかな気持ちを感じられる心にしみるスピーチでした。


3番目のスピーカーはZよさんの「めっちゃ好きな事をやり続けること」

スピーチにとても感情がのったスピーチでした。好きな事をお話する事でより、会場の雰囲気をご自身の空気に巻き込む、力強いスピーチでした。まさにCC10にふさわしいスピーチだと思います。ゲームが好きだった事、Zよさんの人間性が垣間見えるスピーチでした。また、「うまずたゆまず」美しい日本語もタイミングよく取り入れられ、ポイントポイントでつかみのあるスピーチでした。





4番目のスピーカーはM谷さんの「ショルダー○○

キュンとするエピソードでした。エピソードが本当に素晴らしいです。

最初のお話は何が始まるんだろう!と期待感で胸がいっぱいになります。

どんどん話をきいてきくとそうだったんだ!だからなんだ!と納得します。

また、幸せのお裾分けをしてもらった気持ちになった心温まるスピーチでした。




5番目のスピーカーはI塚さんの「少年よ、たいしたことない大志を抱け」

I塚さんらしい耳に残る個性的なタイトルに「どうゆうことだろう!気になる!」と、まず惹き付けられます。変わらず、安定感抜群のスピーチでした。ご自身の「本を読みたい」「本を書きたい」という思いが就職活動へ活力に繋がった体験から説得力もあり、聴衆の共感をよぶスピーチだったと思います。

そして、全体的に安定感抜群!共感力抜群!なスピーチでした。


6番目のスピーカーはOかさんの「矢印はどっち向き?」

スピーチの内容だけでなく、声のトーンやボディランゲージ、感情ののせ方、ドラマティックで、全てが聴衆を惹き付けるスピーチでした。今回、淡路島へお母様を旅行に連れて行ったお話をされていました。お母様が転んだ時、本当にお母様が目の前にいるような感覚に陥ります。

【臨場感】といった言葉がピッタリの短い時間に大きく心動くスピーチでした。



スピーチ後は休憩中に皆で、H田さん手作りのおいものパウンドケーキを食べます。

暖かいお気遣いと美味しいケーキで会場が癒されます。

本当にありがとうございます。


Sきさんのインタビューは、スピーチの内容について感じた事を素直に聞いていて、ひとつひとつの質問がスピーカーの為にしっかりと考えられていました。この短い時間に即興的な対応、素晴らしいです。はじめてインタビューアをお願いしたのですが、はじめてとは思えませんでした。アットホームな雰囲気でスムーズに進行し、時間通りにインタビューも終わりました。


そして、いよいよ結果発表です!

2名の時間オーバーの方がいらっしゃいました。。残念。。。


3位 K林さん!

2位 I塚さん!

1位 M谷さん!


K林さんとM谷さんは、36日のエリアコンテストにすすみます。

皆で応援にいきましょう。





そして、今日はなんと!2名入会宣言がでました!嬉しいですね。


これで、会員が30名達成となります。

記念の日になりましたね!


とても残念なことに、H田さんは、5/3までしばらく来れないのですが、また5/3に30名全員で例会を迎えましょう。


そして10名のゲスト、審査員の皆様お越し頂き感謝します!

posted by kawa at 12:51| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする