川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2015年11月29日

第171回川崎トーストマスターズクラブ例会

20151117日 ミューザ川崎 研修室1


19時からいつものように川崎TMCの例会を実施しました。
今回、TMOE(司会)を務めたのは、私、Oです。
今シーズンの川崎TMCのスローガンでもある、

「ワクワク楽しく」をテーマに、例会を取り仕切りました。

例会開催の2日程前に急遽、総合論評のH田さんが

ご家族の都合で参加できないと言うことで、

当日M田さんに依頼し、快く引き受けてもらいました。

当日、円安の影響を加味して、

会計担当M田さんから会費値上げの動議があがり、

事前に周知していたこともあり、

滞りなく全会一致で可決されました。


会のことをメンバーの全員の採決で決めていくと言う

会の運営自体も学べた始まりでした。

さて、教育の部は、「はじめてトーストマスターズの門を叩いた時の目標、

あなたは覚えていますか?」と言うことをテーマに、

今期のスローガン、「ワクワク楽しく」をからめて、

ご自身のはじめの目標を思い出しながら参加して下さい

とお伝えしました。

私は、全ての方の発言を楽しく学びに変えよう

と思い参加しました。

計時係 K林さんからは事前に少し遅れるという連絡があったので、

説明を後にずらしましたが、さすがにベテラン?!

しっかりとした説明をわかりやすくやさしく説明して頂きました。


集計係 Mさんも集計係の説明を丁寧に説明していただけました。


文法係/今夜の言葉係 M谷さん、ご自身の印象に残る言葉を皆さんと共有して頂きました。


えーとカウンターは、AクラブからのゲストのK谷さんが快くサポートして下さいました。

今夜は勝手に、「今夜のおすすめ!」というコーナーを作って、

他のクラブや全国大会、エリアコンテストなど

他のクラブに参加することをおすすめしました。

いろんな人との出会い、時にはご自身の運命を変えるかも
知れないということをお伝えしました。

準備スピーチは、4本


1本目のスピーチは目標CC2スピーチの構成のO田さん、8.jpg

「ヘリコバクター・ピロリ」というタイトルで、

ご自身の腹痛と会社の昇進試験の話を上手く行き来しながら話をして頂きました。


2本目のスピーチは目標CC2スピーチの構成のN山さん、10.jpg

「O-MO-TE-NA-SHI」というタイトルで、

アメリカ人と日本人のおもてなしの仕方の違いを説明して頂き、

日本人にも違ったおもてなしができるのではないかという
メッセージを事例をもとにお話頂きました。


3本目のスピーチは目標CC3ポイントを押さえるのN岸さん、
11.jpg

「一対一の勝負」というタイトルで、

どうしてもほしいノートPCを購入する際に実際に体験した、

店員との一対一の値引き交渉の駆け引きについて面白ろおかしく対話を交えてお話頂きました。


4本目はスピーチ目標AC5食後のスピーチのN島さん、
12.jpg

「秋だからこそ・・・・」というタイトルで、

本当に食事のあとにしているような

たわいもない話を時にはユーモアを交えたり

聴衆への問いかけを交えたりしながら

リラックスして聞けるような秋だから楽しめることを

ご自身の美術館に行ったときの体験をお話下さいました。

テーブルトピックスのコーナーの仕切りは、Jさんでした。

今回のJさんはよどみなく、ご自身の話はほどほどに、

テーブルトピックスをどんどん当てて下さいました。


次にあたるんじゃないかと思いどきどきしながら聞いていました。


1番目のテーマは「紅葉を見る計画は?」を

久々に参加されましたU辺さんに、


2番目のテーマ「おすすめの紅葉スポットは?」を
ゲストのT嶋さんに、


3番目のテーマ「都内で気軽に行けるおすすめの紅葉スポットは?」を

S藤さんに、


4番目のテーマ「三連休の過ごし方について」を

Mさんに、


5番目のテーマ「写真には残らない、鮮やかに記憶に残る出来事について」を

N岸さんに、


6番目のテーマ「何を言っても首を横にしか振らない部長

に対してどのように付き合えばよいかアドバイスをください」を

N島さんに


あて、みなさんそれぞれ思案しながらも

ご自身の考えを搾り出すようにお答え頂きました。

続いて、論評の部はM田さんに仕切っていただきました。

1番目O田さんのスピーチに対して

O谷さんの論評はしっかりと考えて考えて考えて

一言一言に注意しながら良かった点を話されていたのが印象的でした。


2番目N山さんのスピーチに対して

S井さんの論評はN山さんご自身もリスペクトしながら、

ご自身の改善点も交えてアサーティブに伝えておられました。


3番目N岸さんのスピーチに対して

I塚さんの論評は独特のI塚さんのたとえの表現が

ふんだんに盛り込まれていて、

そうそうと思わせるような論評をされていました。


4番目N島さんのスピーチに対して

T中さんの論評はN島さんのスピーチ作成に対しての

背景からしっかりとどのように取り組まれたのかをフィードバックされており、

笑いを上手くさそって場を和やかにしていました。

総合論評のM田さん、例会全体を通して適切なフィードバックをして下さいました。
特に、論評の冒頭部分のつかみの重要性を指摘され、

つかみの上手い論評は入りやすいという、わかっていてもあまり意識して
いない部分を上手くシェアして下さいました。

突然の総合論評をお願いしてもしっかりと実のある学び深いものをみなさんにシェア
してくださったのはさすがだと思いました。

全体を通して、みなさんが、一番初めの目標を意識してもらえたのではないかと、

私自身もトーストマスターズでの学びが何であるの
かを再認識できたとても充実した例会だったと思いました。

例会の最後に、退会してしまったT尻さんが

転職で引越しをするのでもう参加出来ない旨、

最後のあいさつに来て下さいました。
みなさん、1つ1つ積み上げて夢に向かって、

社会やご自身のコミュニティーのために進まれている

そんな学びの場をこれからもデザインしていくように

1メンバーとして尽力していきたいと思わせたシーンでした。


27.jpg今期もあと半年と少し、「ワクワク楽しく!」目標に
向かって楽しんでいきましょう!!

ベストテーブルトピックス賞    → (ゲスト)S藤さん
ベスト論評者賞        → S井さん
ベストスピーカー賞        → N山さん


文責 Oか

posted by kawa at 13:06| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

第170回川崎トーストマスターズクラブ例会

2015113日 ミューザ川崎 研修室1


今日は文化の日。晴れの特異日という名にふさわしい穏やかな秋晴れの日。

例会は定刻通りにN島会長のゲスト紹介から開始されました。

祝日のためか、いつものスーツ姿ではない方も多く、

いつもよりゆったりリラックスした雰囲気です。

本日のゲストは、元会員のH恒さん、はまTMCのS井さん、

溝ノ口TMCのS村さん、初見学のT橋さんです。


まずはN山さんの入会式。過去にアメリカで活動経験のあるN山さん。

仕事の関係で日本滞在中限定となりますが、スピーキング力とリーダーシップ力

の向上を目指し貴重な時間をこの川崎で頑張りましょう。

全員と固い握手を交わし、メンターのJさんと記念撮影。

                              2.jpg


今回の例会のテーマは『文化的』です。今日は文化の日。特別なことをしなくても、

TMCは一つの文化であり、例会に参加することが文化的なことに繋がっています。


今夜の言葉は『雰囲気』漢字を頭に浮かべ正しく読み、使用しましょう。

そして、ヘルパーの紹介

計時係を Jさん

集計係を N岸さん

文法係を S井さん

え〜とカウンターを O谷さん

それぞれ簡潔に役割紹介をしていただきました。


最初はI塚さんのワークショップ効果的なスピーチの始め方

Beginning Your Speech-スピーチの始め」ベタースピーカーシリーズ

スピーチの効果的な始め方のポイントを3つ紹介。


@刺激的な質問から始める

A人を驚かせる発言から始める

B個人的な話から始める


序論でこの3つのいずれかを行うと聴取を引き込むことが可能になる。

世界チャンピオンのスピーチのことTEDのこと、まだまだTMCは奥が深いと感じました。

質問への回答。序論はスピーチ全体の10%が望ましい。

序論にコアメッセージを入れ、結論と結びつけるとより良いスピーチとなる。


次に準備スピーチです。


1番目「ワークライフバランス」MさんCC#1アイスブレーカー

Mさんの現在のワーク&ライフ(@家族A趣味のマラソンBビール&ビリヤードの気晴らし)

についてのスピーチ。また、そのバランスを取るために一石二鳥にチャレンジするが失敗。

失敗にもめげず一石四鳥にチャレンジ。

最後に裏技や近道をせずに一歩一歩進む決意をしたというスピーチ。

原稿なしで、ボディランゲージ豊富なアイスブレーカーとは思えない仕上がりでした。


2番目のスピーチ「 Journey of my life  」N山さん

CC#1アイスブレーカー

故郷名古屋の話から、長野の大学時代に留学したカリフォルニアでの経験が人生の岐路になり、

その後日本で就職するも、奥様と出会いカナダへ移住。

現在のアリゾナへ至るまでの仕事や人々との出逢いを織り交ぜた壮大なスピーチ。

ライフイズジャーニーという、ことわざで締めくくりN山さんの日本でのTMはスタート。

素晴らしいアイスブレーカーでした。


3番目のスピーチ「クロマグロ」SさんCC#2スピーチの構成

日本人の大好きなマグロについてのスピーチ。マグロの稚魚をひよこに例え、

ひよこを食べてしまっている状況を説明。

このままでは大好きなマグロが食べられなくなる可能性を

事前に準備されたマテリアルを使用しスピーチされました。

その解決策として@マグロ税の導入で減らさないA養殖ビジネスの推進で増やすという二つを提案。

またマグロに限らず資源には限りがあり、

維持管理をしていく事の大切さを力強くスピーチされました。


コントロールをN島さんへ論評セッションのスタートです。


1番目のスピーカーに M村さんの論評

ユーモアセンス、ボディランゲージ、メモを見ずに堂々としたアイスブレーカーであった点。

改善点として、今後TMCがMさんのライフワークバランスにどんな影響を与えるかを加えてみてはとアドバイス。


2番目のスピーカーに、M田さんの論評

N山さんのスピーチ開始後の表情の柔らかさ、自然な笑顔の素晴らしささ、

エピソードの面白さ等を誉め、改善点として

ボーカルバラエティを取り入れる事や

リーダーシップを取るうえで時間管理の大切さをアドバイス。


3番目のスピーカーに、H田さんの論評

構成力の素晴らしさ、また聴衆を良く分析しマテリアルを準備した点。

男性はデータ、女性は色と香り・・

改善点として、問題提起の方法やマテリアルの大きさ、

成長したマグロと稚魚の大きさを見せる等の具体的なアドバイス。


アジェンダの変更があり、

スピーチ直後の論評となってしまいましたが皆さんベテラン揃い。

安定した論評セッションのスタートでした。


次は順番が前後しましたが

残業終わりで駆けつけていただいたK林さんのテーブルトピックスのスタートです。


先週末に富山に帰省されたという話から

@あなたの故郷の自慢は?

→ゲストS井さん

茅ヶ崎の自慢はやはり海。えぼしという海鮮料理がお勧め。

海の美しさを維持するためビーチクリーン活動をしてからのビールは格別との事。


同じお題を

→ゲストT橋さん

新潟ご出身。新潟の自慢はお米。今は新米の季節。また、へぎ蕎麦も有名で、

一口サイズで海草が練り込まれた蕎麦は喉越しが良いそう。


A最近の近況は?

→元会員H恒さん

トーストにあてていた時間は漫画を描くことに使っているとの事。

みんなが知りたかった川崎TMCを離れた後の状況を聞くことができ、

さすがK林さんの質問です。

動物が主人公の楽しそうな漫画、是非、今度読ませてくださいね。


Bスポーツの秋、あなたのスポーツについて

→N岸さん

N岸さんと言えばヨットです。既に引退はしたもの、焼けた肌は健在。

皆さん一度は乗ってみてくださいと熱く語ります。

私はやはり夏の風の中で乗ってみたいです。


つぎにN島さんの総合論評です。今日は祝日のためか、

いつもよりハイテンションのN島さん。

祝日にもかかわらずメンバーが集まった事。

TMOEは一定レベル到達した時点でチャレンジすべき。

ヘルパーの役割り説明もスピーチの練習になる等、

例会全体を振り返りました。

また、初めてのゲストの方へは、

もう少し噛み砕いた説明をした方が良かったと反省点をあげました。


ワークショップへの論評として。

現在のメンバーには理解出来ない内容も含まれていた点、

I塚さんの個人的な例え話を増やせばより良かったとフィードバック。


論評者へ

M村さん、ベテランらしい論評、

TMCが加わることでのバランスに目をつけた点。


M田さん、笑顔での論評、マニュアルの読み込みの素晴らしさ


H田さん、スピーチのような論評、

パワフルで勢いがあった点等フィードバックをされました。


また、文法係/今夜の言葉の報告をS井さん、

美しい日本語、心に響いた言葉と今夜の言葉もカウントし報告。


え〜とカウンターの報告をO谷さん、

テーブルトピックスや論評の際のえ〜とが少なかったと少し残念そうでした。



そして、受賞者の発表です。

ベストテーブルトピックス賞:T橋さん(ゲスト)

ベスト論評者賞:H田さん

ベストスピーカー賞:Sさん

皆さんおめでとうございます。

27.jpg


最後には、ゲストさんからのコメントをいただき、

170回例会は無事に終了いたしました。

みなさん、今回もご協力ありがとうございました。


記 M


posted by kawa at 16:18| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

第169回 川崎トーストマスターズ例会

20151020日火曜日 会場 ミューザ川崎 第1研修室


当日はゲストが5名もお越しいただけて、本当にありがたく思いました。


さて例会のテーマですが

今回は「やり方ではなくあり方」に。

人はとかくうまくいかない時や何かを会得しようとする際に

ついついHow to(やり方)に気を取られてしまうもの。

実際は自分の心の中にある理由、理念、志といった在り方(あり方)の掘り下げが

とても大切だとお話し致しました。


テーマに繋げて、今夜の言葉は 

「心の声」

あり方を掘り下げることは、自らの心の声を聴くことでもあります。

スピーチをする、トレーニングすることは

将来どのようなWわたしになっていたいのか?

その追求をして欲しく思い選定致しました。


その次に例会のヘルパー紹介と役割説明。



計時係はMさん。

集計係はS井さん。

文法係はI塚さん。

えーとカウンターは開会直前、H田さんが手を挙げてくださりました。



みなさん、ありがとうございます。


マニュアル交換後、早速準備スピーチに。


1人目はN岸さん。

タイトルは「知られざる魅力」。

ご自身もお乗りになるヨットについて、アメリカズカップというレース

をベースにした内容です。

ヨットには馴染みはありませんでしたが

取り入れられている技術の凄さ、とくに宙に浮くようにウィングがあったり

受けた風力以上の推進力が出せるなどタイトル通り

知られざる魅力に迫ったスピーチでした。



2人目はI永さん。タイトルは

「占い師が教える悩みを聞く3つのポイント」。

占い師?と思っていましたらI永さんご自身がタロット占いが出来るのだとか。

図を用いながら、悩みに陥っている状態の方へのアプローチ法を教えて下さいました。

自分にも使うことで今の状態が判別できるので、セルフケアにもすぐに使えそうな

嬉しいスピーチでした。



3人目は、M田さんタイトルは

「情熱のカーテン」。

ご自身のたっての希望で、マニュアルの目標に加えて

ゆっくり話すが足されました。正に情熱。

グリーンカーテン、主にパッションフルーツについて、

カラー写真と共にご紹介して下さった爽やかなスピーチでした。


4人目はJさんタイトルは「爆買い」

近頃ニュースで度々取り上げられる言葉ですが

なぜ、そのような行動に走るのかをデータやお国事情を踏まえた

的確さをつくスピーチでした。学びにもなりました。


休憩を挟み、テーブルトピックスへ。

テーブルトピックスマスターはSさんです。

今回は時節柄、ハロウィンをトピックスにしておりました。


各お題と話者は以下の通り。


@仮装したことは: H田さん

アメリカにいた頃に時計の仮装をしたことがあるとか。

さすがトーストマスターズ、スピーチの女王ならではの仮装ですね。


A好きなカボチャのメニューは:ゲストE藤さん

簡単レシピ。バターを落としてレンジでチンした

ホクホクのカボチャがお好きなのだそうです。


B今年のハロウィンはどのように過ごすか:ゲストYさん

例年ご自身では楽しまれないそうですが

子供さんに関わる活動をしているとのことで

子供さんたちと一緒に過ごしてみようとのことです。


Cあなたの好きなDランド、Dシーの過ごし方:M村さん

スペースマウンテンです。


この後は論評セッション。総合論評はO谷さんです。


N岸さんに対する論評1人目は、K林さん。

良かった点

大きな成長を感じさせたスピーチ

改善点は

もっと大きくはっきりした声で話す。

登壇台の前に出るものよいのではとの論評でした。


I永さんに対する論評2人目は、T中さん。

良かった点

メモを見ることなく3つ分けてのわかりやすいスピーチ。

悩み相談の聞き方をすぐに取り入れたくなった。

改善点は

話すスピードが速いようです。

時間にゆとりがあったので緩急つけるようにしてみては。

もう少し踏み込んだリーダシップの考え方を伝えたら良かったのでは

という論評でした。


M田さんに対する論評3人目は、M谷さん。

早々とタイトルも決められていて、取り組む熱意に感心した。

時系列で構成されたスピーチはとてもわかりやすかった。

改善点として、

要望としてパッションフルーツの育て方以外の楽しみ方、

食べ方などを盛り込んで欲しい。


Jさんに対する論評4人目はN島さん。

集まったテーマには申し分なし。

改善点は目標のビジュアルエイドを使うでありながら、

聴衆に向ける資料に対する準備が今ひとつ。

とくに今回は準備スピーカーが皆用意していたので

比べてしまうものの、文字の大きさなど訴求力が弱い。


続いて、ヘルパー報告。

文法係のI塚さん

表現豊かな言葉に注目して幾つか報告して下さいました。

トロピカルな香り、積年の課題など


・・・・で」ではなく接続詞を用いて「・・・・だから」と

現した方がいいとも教えて下さいました。


えーとカウンターのH田さんは、

単に「えーと」と「あのー」だけでなく

ちょっとした短い「え、」「まー」まで

細かくのカウント。

誰が言ったかまで報告して下さり、急ながら

たいへんにありがたい役目を果たしてくださいました。


総合論評のO谷さんは一人一人のメンバーを

しっかり観察してあり、それを目一杯伝えようとする優しいお気持ちを

感じました。

また

@会場レイアウトを変えてみて良かった。明るいクラブがよりよく見えた。

Aネームプレートをつけるように。

とクラブの「あり方」に関わることも。


そして、受賞者発表。

ベストテーブルトピックス賞はお二人。

H田さんとM村さん。

22.jpg23.jpg

ベスト論評者賞K林さん。

24.jpg

トスピーカー賞M田さんでした。

25.jpg

ゲストの感想と連絡事項を挟み、

少し時間オーバーしましたが大幅な遅れはなく閉会。


ゲストや新メンバーも多くなってきました。

ベテランさんは慣れから来る「これが当たり前」に気をつけて

新しい試みやご配慮を忘れることなく。

日の浅い新メンバーさんは、臆することなくドンドン役割、スピーチを行い、

はっきりと「こう思う」「こうしたらどうか」という意見を伝えて欲しいなと

思いました。


文責I

続きを読む
posted by kawa at 20:44| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする