川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2015年10月23日

例会余話3

武蔵小杉の川崎市生涯学習プラザで開かれた
ディビジョンコンテストに行ってきました。
神奈川県内のクラブを中心に4つのエリアの代表が出場する
論評コンテストです。

今回は川崎クラブと同じエリアの横浜クラブがコンテストを主催でした。

自分は春のコンテストのときに日本語実行委員長を努めました。
あれからもう半年もたつのか、と柄にもなく感傷的な気持ちになってしまいました。

コンテスタントのパフォーマンス以上に気になったのが、
やはり、コンテスト全体の運営や司会の進行の仕方、などでした。

司会はどんな表情をするのか…自分もあんな表情を半年前にしていたのか、
なんてことが気になりました。
また聴衆はどんな表情でコンテストを見ているのか、とさりげなく観察していました。
自分が半年前に司会をしていたときは、聴衆の表情を観察する余裕なんてなかった…。
緊張感から、意外とステージから見える景色はよくないのです。

ディストリクトディレクタのAさんが意外と高い声をしているのだな、と細かいことが
印象に残ったりしました。半年前は気が付かなかった。

一つのハコでたくさんの人が同じ時間を共有しているようで、それぞれ見える景色は
ずいぶんと違うものなのだな、と思いました…。

Ryugen



1.jpg


posted by kawa at 23:19| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

第168回 川崎トーストマスターズ例会

2015106日火曜日 会場 ミューザ川崎 第1研修室



新メンバ- Mさん。職場で話す機会が多く、
パブリック・スピーチの上達の為入会しました。
今年の3月に1回目の見学。
海外赴任を終え遂にその日が来たのですね。
クラブメンバ-と熱い握手を交わしました。

入会おめでとうございます。

まずは例会のテーマ、
これは川崎クラブオリジナルです。
本日は「予言の自己成就効果」
予言するとその通りに成就するので、良い予言をしましょう。

今夜の言葉 
女性編 「美しい」 
男性編 「男前」

テーマと今夜の言葉を融合し、 
話す前に今夜の言葉を加えて話しましょう!
と少し大胆な展開でのスタートとなりました。

まずは、例会のヘルパー紹介と役割説明。
計時係はゲストとしてお越しいただいた当クラブ創設者のOさん。
集計係はI永さん
文法係はSさん。
えーとカウンターはN岸さん

今夜の言葉を照れながら、織り交ぜ、役割説明は流石でした。

ありがとうございます!

役割説明後に、マニュアル交換を行いました。

続いてワークショップ H田さん。論評応用編、
リ-ダシップ・エクセレンス・シリ-ズ
「やる気の出るフィードバック」
一人あたりの生産性が低い日本。
フィードバックの力を養うことで生産性を高めることが出来る。
感じる力・伝える力・受け止める力が必要、
論評のスキルを高められるのがトーストマスタ−ズクラブです。

論評コンテスト真っ盛り中にふさわしいワークショップでした。

続いて、準備スピーチ。
1人目はO谷さん、
タイトルは「今でしょ」。
和歌山方面の見どころと温泉を写真で紹介。
聞き終わったあと、計画し行動するのは
「今でしょ」
という気持ちにしてくれたスピーチでした。
幸せなご家族を垣間見ることが出来ました。

2人目は、T中さんタイトルは
「命 内務官僚・官選知事 島田叡が残したもの」。
沖縄への旅行、
そこで目の当たりにしたと思える歴史上の人物に焦点をあて、
「リーダとは信念を持って困難に立ち向かう自分の弱さを克服して」
という感慨深いスピーチでした。

3人目は、N島さんタイトルは
「あの日見た夕焼け」。
足のけがをし8週間の養生後の旅。
その先で出会った方との心のふれ合い。
それに重なって見た夕焼けが
心の奥底にしみ込んだドラマチックなスピーチでした。

休憩を挟んで後半の初めはテーブルトピックス。
テーブルトピックスマスターはI塚さんです。
今回は論評エリアコンテストのテストスピーカのスピーチを紹介しつつ
それをトピックスにしました。

各お題と話者そしてトピックスマスターのアドリブは下記の通りです。

@配偶者の第一印象は: H田さん
アメリカの空港でご主人のちりちりのアフロヘアが忘れられない印象です。

トピックスマスター: ついこないだの事の様で素晴らしいですね。

A好きな異性の髪型:ゲストN西さん
基本的に似合っていれば良い。
どちらかと言えば経済的にもショートが好きです。
奥様の髪型もショートとのこと。

トピックスマスター: ショートが似合っている奥様を愛しているということですね。

Bイメチェンについて:ゲストS村さん
最近ラーメンからカフェにシフト。
お店のインテリアと食事に惹かれ、
その魅力に取りつかれてます。

C気持ちを切り替えてのぞみたいこと:ゲストOさん
トーストの活動に置き換え。
この経験を他の何かに役立てたい。
そして髪をのばしてみようかな。

トピックスマスター:髪を切るのではなく伸ばすんですね。

D気持ちを切り替えてのぞみたいこと:Mさん
ラクビ-を鑑賞し
紳士的な荒々しさを見て気持ちをきり替えさせられた。

トピックスマスター:入会間もないのにナイストライ!

続いて論評セッション。総合論評はK林さんです。
今回は準備スピーチのN島さんの論評を
Oさんとディビィジョン進出のA井さんが行いました。

O谷さんに対する論評1人目は、M谷さん。
良かった点
タイトルの期待感・季節ごとの計画で感心を持たせたこと・ビジュアルエイド
改善点は
時間内にスピーチにまとめる練習をするのがよいのではとの論評でした。

T中さんに対する論評2人目は、M田さん。
トピックの選択 アウトラインが時系列で分かりやすかった。
クラブのメンバーに合う
もう少し踏み込んだリーダシップの考え方を伝えたら良かったのでは
という論評でした。
今までのスピーチを振り返ってもくれました。

N島さんに対する論評1人目は、ゲストA井さん。
情景が目に浮かんだ、語り口がよかった。
改善点として、
こうしたからこうなったという補足がもう少し必要。

N島さんに対する論評2人目はOさん。
潮来にいったことありますか?
鹿島スタジアムに行きたくてその通り道に潮来があったんでしょ。
という鋭い視点。
タイトル・会話・ユーモアが素晴らしいとの論評でした。

続いて、ヘルパー報告。
文法係のSさん旅行に出かける⇒旅行する。
サイゼリアの方で⇒サイゼリアで
イメチェン⇒イメージチェンジ
と具体的に改善点を挙げられてました。
表現方法で感じ方にも影響があることを伝え、
文法係りを通して例会を
もう1度振り返ることが出来ました。

えーとカウンターのN岸さんは、
「えーと」と「あのー」の回数を報告。
2回〜29回まで非常に丁寧なカウンターで
とても集中し役割をこなさ
れていたことが感じられました。

総合論評のK林さんは一人一人のメンバーの成長過程を
良く観察しているのがお見受けしました。
そしてクラブをより良くしていきたいという思いが感じられました。
下記に2点の改善点を指摘なされました。
@トーストクラブ⇒トーストマスターズクラブと言うように。
Aえ〜っとカウンターのカウントの始まりは例会始まり直ぐに。

そして、受賞者発表。
ベストテーブルトピックス賞はH田さん。
ベスト論評者賞はM田さん。
ベストスピーカー賞はT中さんでした。

その後、ゲストの感想と連絡事項を挟み、閉会となりました

より一層クラブメンバーが美しく
そして男前になったような気がしました。

S井


31.jpg

posted by kawa at 17:00| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

例会余話2

10月4日(日)ミューザ川崎にて、
エリアコンテストが開催されました。

多くの方にご来場いただき盛り上がりました。
1.JPG
posted by kawa at 19:36| 例会余話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

第167回 川崎トーストマスターズ例会

2015929日火曜日 会場 ミューザ川崎 第1研修室


夏もあっという間に終わり

もう涼しい秋ですね


スポーツの秋

食欲の秋

読書の秋


いろんな秋がありますが

シルバーウイーク明けの川崎トーストマスターズクラブでは、

クラブの大運動会スピーチマラソンが開催されました。


スピーチマラソンとは、例会の時間内に出来るだけ多くのスピーチを

出来るだけ多くの色々な人にやっていただく、

ひとりひとりも、クラブ全員も一丸となり頑張る団体競技だと私は思います。


今夜の例会のテーマは「マラソン」、

今夜の言葉は「 限 界 」です。

役割は 計時係 N岸さん

    集計係 S藤さん

    えーと係・文法係 I井さんです。

みなさん分かりやすく親切な役割説明をしてくれました。


S藤さんは桜坂トーストマスターズクラブから

きていただいたゲストさんです。

急遽、お仕事の都合で欠席となったU辺さんのかわりに

集計係を快く引き受けて下さいました。

ありがとうございます。


まず最初に、テーブルトピックス(即興スピーチ)はT口さん。

テーマは

「今度2020年に開かれる東京オリンピックの関係者になってインタビューに答えて下さい」

です。


一人目はS井さん「100m走者として金メダルを取った喜びを語って下さい」

というお題に 若い日本の人々に夢と希望お与えられました。と


二人目はJさん「ソフトボール銀メダルだったチーム代表選手のコメント」

というお題に つらい時はみんなの支援があって頑張れた、

2028年のオリンピックも金を目指して頑張りたい。と


三人目はS藤さん「オリンピック選手団団長として喜びのコメント」

というお題に未だかつてないほどの沢山のメダルの獲得に感動したこと

今回のオリンピックでは裏方に徹し、食事面や選手の健康面に気を使い、

マッサージもやってあげたのでほんとうにうれしい。と


突然の難しいお題に対し、

すぐになりきってしまったみなさんはすばらしいトーストアスリートです。


T口さんは、元川崎トーストマスターズクラブ会員で、

現在はプレゼンテーショントーストマスターズクラブで活動中です。

里帰りに来て頂いたゲストさんです。

ですが、里帰りでゆっくり休んだりはできませんでした。

急遽、風邪で欠席となったワークショップを予定していたH田さんの代わりに

例会開始20分ほど前にテーブルトピックマスターを引き受けてくれました。

ありがとうございます。 


お待ちかね準備スピーチの1番目は

『行きすぎた資本主義社会』I永さん

人々をいやしてくれるかわいいペット達。

でもそんなかわいいペット達も

資本主義の悪いシステムに巻き込まれて嫌な思いをさせられています。

そんなペット達を助けるために

一流企業の金融ウ―マンだった女性がボランテイア団体を立ち上げ

ペット達を助け出し、元気にしてあげています。

たくさんの写真を用いて分かりやすい紹介をしてくれました。

みんなにおみやげ明太子せんべいを配ってくれました。


2番目のスピーチは

石の上にも三年O田さんです。

スキー・陸上・ラグビー・バレーボールと人生で

色々なスポーツを経験してきました。

ご自身のスポーツとの出会いと

そのころの関わった家族や仲間たちとの思い出・気持ちを紹介してくれました。

今も続けているバレーボールでは、石の上にも3年の精神で、

基本を身につけるトレーニングをご自身の努力で達成し、

チームメイトに認められました。

初めてとは思えないとても落ち着いた語り口でお話しされました。


3番目のスピーチは

私の恩送りSさん

小さなころから何でもできて、自分は特別、私にできないことはない

と自信たっぷりの人生を送ってきたそうです。出来ない人が理解できない。

ちょっとイラッとしてしまうことも。

けれども、大学院の卒業論文がいくら出しても不採用。

そんなとき、多くの人が声をかけて元気づけてくれました。

挫折をすることで、感謝の気持ち・人を思いやる気持ちが生まれました。

お世話になった人たちへ感謝の気持ちを恩返しするのではなく、

自分の経験したやさしさを次の世代の方に恩送りする形で表したいと語られました。

メンターのI塚さんともしっかり予行練習をし、

初めてとは思えないパワーポイントを原稿とした、

高度なアイスブレーカーでした。


4番目のスピーチは

一本の電話からM谷さん

一本の電話からはじまるご自身のお仕事OO地所という不動産のお仕事。

高価なものを扱っているので悪徳のイメージも。

かつて実のおじいさんも騙されてしまったことがあるそうです。

M谷さんはそういうダークなイメージがつきまとう売買とは別部門の賃貸管理部門。

アパートやマンションの紹介から

契約・入居中のトラブルの相談・退去後のリフォームなどの

賃貸住宅の管理業務を20年近くやっているそうです。

大家さんや入居者さん双方の相談を

会社の作ったマニュアルに従い解決策を模索していますが、

なかなかマニュアルどおりにはいきません。

専門用語を大きく印刷した用紙をホワイトボードに貼り

お仕事の内容をわかりやすく説明してくれました。

会社での電話対応を発声練習してきたような

素晴らしい声で再現し仕事の様子がよくわかりました。


5番目のスピーチは

『スターバックス』Jさん

2006年から5回も値上げをしているスターバックスコーヒー。

けれども、この会社の売り上げは高く人々はお店に集まっています。

魅力は何なんでしょう?

@コーヒー豆

A提供場所

B従業員教育

この3つの点にこの会社は力を入れているそうです。

Jさん自身の大好きなこのコーヒー店の色々なデーターを調べ、発表してくれました。

近隣の店舗情報・お得なコーヒーお代わり情報が嬉しかったです。



後半は論評です。

I塚さんはIさんのスピーチのビジュアルエイドの効果を論評してくれました。

S井さんはO田さんのスポーツを通した人生がよくわかったと論評してくれました。

N島さんはSさんの初めてとは思えないアイスブレーカーを丁寧に論評してくれました。

T中さんはM谷さんの声が素晴らしいと論評されました。沖縄みやげおいしかったです。

K林さんはJさんのスピーチの情報収集力をほめ、

分かりずらい「ダークモカ・チップ・フラッペチーノ」は書いて掲示したほうがよい

とアドバイスしてくれました。


総合論評はM田さんです。

役割が初めてということで、総合論評について調べチェック表を作成し例会に臨まれました。

一人ひとりの方の行動について細かく観察され、良い点を述べてくれました。

笑顔でほめてくれるので、すごくやる気が出ました。


ベストテーブルトピックス賞 S井さん

ベスト論評賞 K林さん

ベストスピーカー賞 Sさん M谷さん でした。


今夜のテーマは「マラソン」でした。

トレーニング不足の私は何度も限界を感じ、リタイアしそうでしたが、

みなさん元気いっぱいに駆け抜けてくれたので、何とかついて行けました。

ありがとうございます。

これで僕の限界も少し伸びたかな〜。

O

17.jpg

posted by kawa at 18:29| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする