川崎トーストマスターズクラブ 例会記録&News

2018年12月28日

第255回川崎トーストマスターズ例会記録

川崎トーストマスターズクラブ 第255回例会 例会記録

2018年12月18日、川崎トーストマスターズクラブの第255回例会がミューザ川崎 研修室1で時間通りに19時にスタートしました。今回はクリスマス例会ということで皆さんクリスマスの衣装とプレゼントを持参しお越しいただきました。
本日ゲストは中国のTMC参加経験のあるTさん1名でした。
M谷会長より平成最後のクリスマス例会とその趣旨についての説明から始まりました。会長自らレディースサンタのコスチュームで登場し例会に華を添えてくれました。
DSC_0355_512.jpg

今夜のトーストマスターはOさんとS原さんが担当しました。
2人とも川崎トーストマスターズでははじめてのTMOEでした。12月のメインイベント・クリスマス例会とのことで企画コーナーをいくつか用意しており、クリスマス仮装大賞や
クリスマステーブルトピックス賞について詳細の説明をしました。
DSC_0365_512.jpgDSC_0366_512.jpg

今夜の言葉はK林さんが例会を盛り上げるため、自らを「おばサンタ」と名乗り、今夜の言葉を「愛〜ん」とかつて一世風靡したギャグをもじったフレーズを説明してくれました。
今回の例会では多くの方が使用しており、S村ムード一色!また笑みもこぼれてとても使いやすい楽しい今夜の言葉でした!
DSC_0382_512.jpg

次にヘルパーの紹介と役割の説明です。今回のヘルパーは以下の方々です。
・計時係 S山さん
・集計係/今夜の言葉 K林さん 
・文法係 Sさん
・えーとカウンター K吉さん

続いて準備スピーチのコーナーです。
一番目のスピーチはGさんの「吃音症」です。パスウェイズのプロジェクト2論評とフィードバックということで、過去に吃音症と向き合い苦労しながらも前に進んだ体験談。頭にピンクのかわいいリボンをつけてのスピーチでしたが、大きなボディーランゲージと熱いメッセージを伴ったGさんの気持ちのこもった迫力のあるスピーチでした。
DSC_0392_512.jpg

二番目のスピーチはS木さんの「先輩って、何?」です。パスウェイズのプロジェクト2論評とフィードバックということで、大学生活最後の年に後輩への指導についての葛藤しながらもあるべき姿を模索していくお話でした。スピーチの中で、実際に勉強された本を用いる場面や画用紙を使用する場面もあり、聞き手にも臨場感の伝わる手法を取り入れていました。
DSC_0410_512.jpg

三番目のスピーチはO谷さんの「冬の贈り物」です。こちらもパスウェイズのプロジェクト1論評とフィードバックということで、即興で話すかのごとくリラックスした雰囲気でストレッチ体操からはじまり、冬の贈り物ランキングをクイズ形式で出題しました。皆さんどんどんと話しの中に引き込まれる上級テクニックの詰まったスピーチでした。
DSC_0443_512.jpg

続いて論評のコーナーです。論評の部の司会はY本さんでした。Gさんのスピーチの論評をK澤さん、S木さんのスピーチの論評をM谷さん、O谷さんのスピーチの論評をPさん、それぞれの準備スピーチ論評をしました。
各論評者はそれぞれの視点で、スピーカーの良い点と改善点を詳細に説明し発表しました。
次回のスピーチへの繋がる的確で適切な論評でした。


続いてクリスマスの企画テーブルトピックスのコーナーでは、皆さんに3つのチームに分かれてもらい2つのゲームに挑戦してもらいました。1つ目のゲームは「イラストクイズでプレゼントを狙え!」イラストがどんな意味になるのかを当てる新感覚ゲームでした。
皆さん凄いスピードで正解を連発し、レベルの高い攻防が続きました。AチームとBチームが接戦となりましたが、最後はBチームの勝利となり、フレーズ付きのプレゼントを最初に選ぶ権利を獲得しました。ほしいプレゼントは手に入れられたのでしょうか?皆さん吟味していました。
DSC_0519_512.jpgDSC_0532_512.jpg

2つ目のゲームは「みんなで作った単語イラストでクリスマステーブルトピックスに挑戦!」プレゼントに添付されている単語をイラストにして、繋げながらクリスマスストーリーを作るこちらも新感覚ゲームでした。
Bチームは「K澤さんのクリスマスラブストーリー」Aチームは「大学キャンパスでのラブストーリー」Cチームは「裸のラブストーリー」と3つの個性的なラブストーリーが披露されました。ABCチームともに関連性のない単語を結びつけ見事にクリスマスストーリーを
完成させていました。
DSC_0559_512.jpgDSC_0581_512.jpgDSC_0614_512.jpg

ヘルパー報告後はY本さんの総合論評でした。
Y本さんの総合論評はとても丁寧で、会全体の流れからヘルパー、論評者ひとりひとりの良かったところを拾い上げていてわかりやすい言葉でまとめていました。次回も頑張ろうと思わせる勇気をもらえる総合論評でした。
DSC_0460_512.jpg

受賞者発表の後、ゲストの感想があり、Tさんより入会宣言がありました。またひとり仲間が増えそうな明るく嬉しい兆しが見えました。来年も良い年になりそうです。
今回の受賞者:
ベストスピーカー賞:Gさん
DSC_0674_512.jpg
ベスト評論賞:Pさん
DSC_0671_512.jpg
クリスマスベストテーブルトピックス賞:Aチーム

ベストドレッサー賞:S原さん・M谷さん(ハロウィンにつづき2冠です)
DSC_0658_512.jpg

こうして255回の例会は無事終了しました。時間も少しオーバーしてしまいましたが、周りのみなさんのフォローもあり、プレゼントの回収や会場の飾りつけ、設営、イベントのセッテイング、お菓子のご用意等・・・皆さんが例会を盛り上げるために協力していただき、笑顔の溢れるとても良い例会となりました。皆様本当におつかれさまでした!また来年もよろしくお願いします。
DSC_0684_512.jpg

記 S原
posted by kawa at 14:35| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

第254回川崎トーストマスターズ例会記録

川崎トーストマスターズクラブ 第254回例会 例会記録

2018年12月04日、川崎トーストマスターズクラブの第254回例会がミューザ川崎 研修室1で時間通りに19時にスタートしました。
本日ゲストは台湾のTMC参加経験のあるFYーアンさん、中国のTMC参加経験のあるTンRギさん、そして本日入会式のS木さんの3名でした。
M谷会長から神奈川新人戦に出場したOさんの健闘ぶりの報告と、Oさんの感想から始まりました。
P_20181204_190059-816x612.jpg
Oさんはスピーチの感想と川崎TMCのサポートのお礼、今後は自分がしてもらったように
他の人のサポートをしたいとのことでした。

そしてK林さんからの会計報告がありました。とてもしっかりした会計報告でした。

今夜のトーストマスターはT内が担当しました。
私自身が川崎トーストマスターズに入り1年4ヶ月程たちますが、はじめてのTMOEでした。12月に入りスケジュール管理が
大事という事と、実は今回の例会がとても時間がタイトということもあり、教育セッションのテーマを「テンポよく」にしました。
P_20181204_190810-816x612.jpg
今夜の言葉はS原さんが先日の流行語大賞の発表とかけて、かつての流行語の
「gets!」という言葉を説明しました。
多くの方が使っており、とても使いやすい今夜の言葉でした!

次にヘルパーの紹介と役割の説明です。今回のヘルパーは以下の方々です。
・計時係 O谷さん
・集計係/今夜の言葉 S原さん 
・文法係 Pさん
・えーとカウンター M谷さん

続いて準備スピーチのコーナーです。

一番目のスピーチはJさんの「中くらい」です。
パスウェイズのアイスブレーカーということで、Jさんの生い立ちと日本に来る前と後に関するスピーチでした。
スピーチの中で発音のエピソードがあったのですが、毎回Jさんのスピーチの日本語はきれいだと思っていたので、
意外なエピソードだと感じました。
P_20181204_191636-816x612.jpg
二番目のスピーチはY本さんの「ふぅーっ」です。
瞑想やマインドフルネスに関するスピーチでした。スピーチの中で、聞き手に情景を浮かべてもらいやすいような表現があり、
とてもパスウェイズのプロジェクト2とは思えないすばらしいスピーチでした。
P_20181204_192516-816x612.jpg
三番目のスピーチはA木さんの「プレジデンツ ディスティンギッシュド クラブ受賞の報告」です。
パワーポイントを使って、クラブ受賞の仕組みのお話しとそれを達成するためには、トーストマスターズクラブの役員の尽力と
メンバーの協力があって、クラブ受賞がもらえるということが伝わるとても良いスピーチでした!
P_20181204_193539-816x612.jpg
四番目のスピーチはSさんの「食生活が体質に及ぼす影響」です。
イヌイットの食生活と疾病の傾向の因果関係に関するスピーチでした。資料を事前に配布し、
とても専門的な内容でしたが、上手にまとめられており、とても理解しやすいスピーチでした。
P_20181204_194330-816x612.jpg



続いてテーブルトピックスコーナーです。
テーブルトピックスマスターはGさんでした。
P_20181204_195856-816x612.jpg
12月のイベントや2018年の振り返りに関するテーマでした。一人ひとりのスピーチにあたたかくコメントするGさんの姿が印象的でした。
・あなたにとってのクリスマスソングは何ですか?ぜひ歌ってください N島さん
・クリスマスの過ごし方 O谷さん
・この一年間でがんばったこと K澤さん
・この一年でくやしかったこと S原さん

続いて論評のコーナーです。論評の部の司会はI上さんでした。
K林さん、Oさん、K吉さん、N村さんがそれぞれの準備スピーチ論評をしました。
各論評者は各自の視点で、担当するスピーカーの良い点と改善点を発表しました。
論評のベテランから初めての論評と論評者の個性と各自の視点が光る論評でした。

ヘルパー報告後、I上さんの総合論評でした。
I上さんの総合論評はとても丁寧で、ヘルパー、論評者、etc...の方の良さや改善点をとてもわかりやすい言葉でまとめていました。
さすがと唸ってしまうような安定した総合論評でした。

受賞者発表の後、S木さんの入会式がありました。S木さんの紹介とS木さんからの言葉とTMCからの言葉、そしてS木さんの
意気込みが伝わる1分間スピーチがありました。新たな仲間が川崎トーストマスターズに加わりました!今後のS木さんのスピーチが楽しみです!

ゲストの感想があり、FYーアンさん、TンRギさんが楽しんでもらえていたようでよかったです。

今回の受賞者:
ベストスピーカー賞:A木さん
ベスト評論賞:K吉さん
ベストテーブルトピックス賞:S原さん
ベストスマイル賞:S原さん
P_20181204_204730-816x612.jpgP_20181204_204752-816x612.jpgP_20181204_204819-816x612.jpg
こうして254回の例会は無事終了しました。私が始めてのTMOEということで、たどたどしい進行となり時間も少し
オーバーしてしまいましたが、私の進行が危うい部分は、周りのみなさんのフォローもあり、また皆さんテンポよく
進めてくださり、そんな中でもみなさんの明るい人柄で笑いのあふれるとても良い例会となりました。
皆様おつかれさまでした!
P_20181204_204856-816x612.jpg

記 T内
posted by kawa at 23:34| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第253回川崎トーストマスターズ例会記録

川崎トーストマスターズクラブ 第253回例会 例会記録
2018年11月20日、川崎トーストマスターズクラブの第253回例会がミューザ川崎 研修室1で開催されました。本日ゲストはS木さん、I谷さん、Y村さんの3名でした。
今夜のトーストマスターはN村が担当しました。私自身が川崎トーストマスターズに入って1年ちょっとになり、また、来月頭にスピーチコンテスト新人戦があることもあり、みんなにフレッシュな気持ちで取り組んでほしいという理由で、教育セッションのテーマを「初心を忘れず丁寧に」にしました。
P_20181120_190626-816x612.jpg

今夜の言葉はS山さんが「ポジティブ」という言葉を説明しました。明快にわかりやすく説明されていました。
P_20181120_190850-816x612.jpg

次にヘルパーの紹介と役割の説明です。今回のヘルパーは以下の方々です。
・計時係 K林さん
・集計係/今夜の言葉 S山さん 
・文法係 M谷さん
・えーとカウンター Gさん
続いて準備スピーチのコーナーです。

一番目のスピーチはS原さんの「従兄弟の大ちゃん」です。
ご自身がキャッチフレーズに踊らされてしまうことを、子供時代に自転車で失敗したエピソードを交えてお話されていました。ユーモアあふれるとても面白いスピーチでした。
二番目のスピーチはH本さんの「三びきのやぎのがらがらどん」です。
ノルウェーの民話、三びきのやぎのがらがらどんを、聴衆が小さな子供だと見立てて話すという変わったテーマのスピーチでした。怖いトロルと三匹のやぎのそれぞれになりきった、H本さんのボーカルバラエティが光るスピーチでした。
三番目のスピーチはK吉さんの「YH」です。
ご自身の旅の必需品やYouth Hostelを紹介しながら一人旅の楽しさをユーモアを交えながら伝えてくれました。K吉さんらしい楽しく、行動したくなるスピーチでした。
P_20181120_194039-816x612.jpg

続いてテーブルトピックスコーナーです。
テーブルトピックスマスターはI本(W邊)さんでした。
P_20181120_195539-816x612.jpg

初めてとは思えない落ち着いた司会で、スピーカーひとりひとりにに丁寧にコメントされていました。もうすぐ勤労感謝の日ということで仕事に関するお題でした。
・仕事のピンチをどうやって乗り越えてきたか? I上さん
・仕事のやりがいを感じること Sさん
・仕事の息抜きは? Gさん
・この一年で仕事で成長したこと M谷さん
・子供の頃何になりかったか? Y村さん



続いて論評のコーナーです。論評の部の司会はK澤さんでした。
Y本さん、I上さん、A木さんがそれぞれの準備スピーチ論評をしました。各論評者は各自の視点で、担当するスピーカーの良い点と改善点を発表しました。
ヘルパー報告後、K澤さんの総合論評でした。K澤さんは初めての総合論でしたが、ヘルパー、論評者、etc...のひとりひとりに対してしっかりとお話しされていました。
P_20181120_200905-816x612.jpg


受賞者発表の後、会長のM谷さん司会の元、Oさんの新人戦壮行会を行いました。
P_20181120_204923-816x612.jpg

川崎トーストマスターズの代表として来月頭の新人戦に出場されるOさんが、新人戦に向けてスピーチをしました。ストーリーが素晴らしいスピーチでした。Oさんのコンテストスピーチの論評は、例会後の懇親会で行われます。


最後に、I本(W邊)さんの入籍をみんなでお祝いしました。
K林さんが準備をしてくださっていたI本さんの入籍祝いがサプライズで行われました。プレゼントが渡され、みんなで乾杯をして、最後にベールをつけてもらったI本さんとみんなで記念撮影を行いました。I本さん喜んでくれてよかったです。川崎トーストマスターズらしい暖かな会でした。K林さんありがとうございました。
P_20181120_210647-816x612.jpg


ゲストの感想で、S木さんの入会宣言がありました。
正式な入会式はこれからですが、新たな仲間が川崎トーストマスターズに加わりました。S木さん、今後ともよろしくお願いいたします。
今回の受賞者:
ベストスピーカー賞:K吉さん
ベスト評論賞:A木さん
ベストテーブルトピックス賞:Y村さん
ベストスマイル賞:I本さん
こうして253回の例会は盛りだくさんの内容で終了しました。例会後、懇親会でOさんのコンテストスピーチの論評を行いました。活発な議論が交わされました。懇親会後のSゼリアでも議論が行われ、変更を重ねた末、無事に内容が固まったようです。本番のスピーチを聞くのが楽しみです。皆さまお疲れ様でした。

P_20181120_204214-816x612.jpg

記 N村
posted by kawa at 18:35| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

第252回川崎トーストマスターズ例会記録

第252回川崎トーストマスターズクラブ例会
2018年11月6日 ミューザ川崎 研修室1
M谷会長の挨拶から始まり、秋と言えば神奈川は新人戦が名物になってきている。自身も出場した経験とエピソードを話され、本日のコンテストに出場される方々の緊張感を取り除くような挨拶でした。
P_20181106_205214-816x612.jpg
本日は5名のゲストの方がいらっしゃいました。
・Kしさん(横フロ)
・Iかさん(ストテリ)
・Yきさん(1回目)
・Sずさん(神奈川)
・Nきさん(2回目)

TMOEは、H本が担当。
教育セッションのテーマは「全力で応援しよう!」
クラブ内新人戦でスピーチをされる方は全力でスピーチをされるので、私達も全力で応援したいという思いで
このテーマといたしました。
ヘルパーの紹介のコーナーです。
計時係を Gさん
集計係を K林さん
文法係を S原さん
え〜とカウンターを M谷さん
それぞれ、皆さんご自分の言葉で丁寧に役割紹介をして頂きました。
準備スピーチのコーナーです。本日の準備スピーチは12月1日(日)10時から県立地球市民神奈川プラザ(あーすプラザ)で開催される第6回神奈川地区新人戦に川崎TMCの代表として出場される方を決める予選会を行いました。

スピーチタイトルはコンテストスピーチのため割愛させていただきます。
1.N村さん
もし、タイムスリップが出来たら何をしたいですか?実は私、タイムスリップをしたことがあるのですという出だしで皆を引き付けて、ご自身が体験されたタイムスリップの話をユーモアに話してくださいました。過去には戻れない、後悔しないためにも今出来ることをやりましょうという力強いメッセージを与えてくださいました。

2.Pさん
ご自身が体験された初めての湘南マラソンの話をしてくださいました。友達から勧められて学生時代800メートルがやっとだった自分が皆と練習してその記録を7キロ、10キロ、20キロと伸ばすことが出来、本番前の不安感もあったが挑戦してみると達成できた。このことが自分にとって自信となり、人生何が起こっても乗り越えられると思ったという話を丁寧にしてくださいました。

3.K澤さん
SNS、ライン、フェイスブックなど皆がコミュニケーションとして使用しているが自分は大嫌い。子どもの頃、家にあった電話が苦手だった。あれこれ考えると悪循環に陥り電話も出来ない状態。SNSで上司に退社ギリギリの時間に明日までに仕上げるよう仕事の依頼が来る。人生は無常、無味乾燥と思ってしまうが、最近は5年10年経てばSNSも何それと言われる時代となると考えるようになった。トーストマスターズで対面でのコニュニケーションを学ぶことによって学べる事があるチャレンジできる場がある。これからもポジティブ思考で活動を続けたいと、途中皆の笑いも上手に誘ったお話でした。

4.Oさん
子どもの頃、酷い事があった。それがきっかけでなかなか友達が出来なかった。高校を卒業するまで友達が出来なかった。そこで、アルバイトをしてお金を貯めて手術をしてもらった。見た目はきれいになったが、何故か友達が出来ない。ベリーダンス、バスケット、演劇とあらゆる事をしたが、なかなか友達が出来なかった。
それは見た目ではなく、自分の中にあった。トーストマスターズに入って人間関係が良くなり、友達が出来るようになった。日本の大学院に行って日本で学ぶ夢が叶った。トーストマスターズの皆さまのように力をつけてこれからもやって行きたいというお話でした。

休憩をはさんで次は論評のコーナー
1番目の論評者は、N島さん。今日のN村さんのスピーチはいかがでしたか。あなたのハートには何が残りましたかという力強い出だしで皆を引き付けていました。N村さんの世界観が表現されていたスピーチだった。難しい言葉がなく、分かり易いスピーチだった。さらに良くなる部分としては3つのパートの間に一呼吸置く、聞く人のことを考えるともっと良くなるというアドバイスでした。
2番目の論評者は、S山さん。タイトルが興味を持つタイトルで良かった。マテリアルも良かった。ストーリー展開も明確で良かった。改善点は出だしテンションをあげる、会場を広く使う、エピソードを絞ってボディーランゲージを使って表現をしてみると良いなど目的に沿った論評をしてくださいました。
3番目の論評者は、I上さん。人には真似のできない雰囲気が良かった。朗らかで良い人というイメージが滲み出でいる。時々見せる笑顔がかわいい。ユーモアも上手に取り入れている。改善点はストーリーを通すと良くなる。要らない部分があるのでそこを削ると良くなるというアドバイスでした。
4番目の論評者は、O谷さん。前回入会されたばかりなのにスピーチをしてくれてありがとうございましたという感謝の言葉から始めてくださいました。最初の出だしが皆さんを引き付けて良かった。ライオンキングの悪役を持ってきて分かり易いスピーチだった。笑顔が良かった。感動的で素晴らしいスピーチだった。ご自身のことが分かるアイスブレイクでしたという論評でした。
総合論評はIかさん。

川崎TMCのOBでもあるIかさんに急きょ総合論評をしていただくことになりました。
P_20181106_201535-816x612.jpg
会長が雰囲気作りをやっていた。TMOEがアジェンダを丁寧に作成していた。ヘルパー報告も丁寧に説明していた。ただ説明するだけではなく、理解してもらうことが目的ということを意識して説明すると良くなる。スピーカーは新人と思えない、聞いている自分が応援されてしまった良いスピーチだった。
論評はスピーカーへのフィードバック、あなたのスピーチをちゃんと聞きましたということを明確にして論評をすると良くなる。
論評者N島さんへの論評  論評事態エンターテイメントになっていて力強さを感じる。N村さんのスピーチを受け取りましたという事を話してから論評に入ると良くなる。自分がどう受け取ったかということを明確にしてから改善点につなげるとさらに良くなる。
論評者S山さんへの論評  丁寧で分かり易い説明だった。Pさんが最初、力強くなかった元気がなかったいつもと違うということを感じ取ったならばそれを明確にしてからフィードバックするとさらに良くなる。
論評者I上さんへの論評  好きという言葉は使いやすいが、何を受け取りどう好きだったのかを伝えるとさらに良くなる。
論評者O谷さんへの論評 ベテランのO谷さん。スピーカーを包んでいくような論評が素晴らしい。聞いていて安心する。アイスブレーカーのスピーチを聞いて自分がどう思ったか具体的に良かった点を明確にしてあげるとさらに良くなる。最初のスピーカーは、自分は何が強みなのかという部分を知りたいと思うので、そこを明らかにしてあげると次のスピーチに繋がる。
全体的に全力で応援するというテーマに沿った例会だった。聞いていて自分も応援されたという総合論評をいただきました。Iかさんは、久しぶりに川崎TMCにいらっしゃって総合論評も久しぶりとおっしゃっていましたが、論評者一人一人に丁寧に論評をいただき、また次の論評に繋がるような素晴らしい論評でした。
Iかさん、ありがとうございました。是非また川崎TMCに遊びにいらしてください。

第T部の最後は、受賞者の発表です。
ベストスピーカー: Oさん
1542702678295-739x554.jpg
ベスト論評賞:I上さん
ベストスマイル賞: Pさん
皆さんおめでとうございます!

ベストスピーカーのOさんは12月1日に開催する第6回神奈川地区新人戦に川崎TMC代表として出場します。是非、皆さん12月1日はOさんの応援に行きましょう。
1542702688923-739x554.jpg

第U部はプロギャンブラーNきさんの特別スピーチです。
司会はI上さん、Nきさんのプロフィールを紹介した後、TEDxでスピーチをされる内容を披露してくださいました。
さすがに素晴らしいスピーチで、私達のお手本ともなるスピーチだったと思います。
Nきさんは2度目のゲストさんです。3度目も是非、お待ちしております!
P_20181106_204353-816x612.jpg
例会の後は、神奈川地区新人戦に出場されるOさんへのコメントタイム。Nきさんや、ゲストも皆さまからも沢山のコメントをいただき有意義な時間となりました。本日のゲストの皆さまはベテラン揃いでたくさんの具体的なコメントをいただき、ありがとうございました。
本日は新人戦と特別ゲストさんのスピーチがあり、有意義で勉強になった例会でした。
ありがとうございました。
                                   文責:H本
posted by kawa at 16:27| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

第251回川崎トーストマスターズ例会記録


第251回川崎トーストマスターズクラブ定例会
日時:2018年10月30日(19:00〜21:20)
場所:ミューザ川崎 研修室1


今回の例会はハロウィン特別例会、TMOEはY本です。

DSC00741_512.jpg

皆さん、様々なハロウィンコスチュームに身を包み参加されに賑やかな雰囲気の中、
入場時に配布されたチーム分けのくじで、Aチーム、Bチーム、Cチームに分かれて着席しました。

定刻の19時に、会長のM谷さんよりゲスト紹介や連絡事項の確認などが行われ例会が開会されました。
今回は以下の5名のゲストにご参加頂きました。
Oさん、N山さん、S水Mさん、神奈川TMCF本さん、同S水さん、同A坂さん


まず、TMOEを担当するY本は、教育セッションとして「能力を出し切る」というテーマを紹介しました。本日の特別例会でチーム単位で対戦するに際し、各自が得意な分野で能力を出し切り、苦手な分野を互いにカバーし一致団結して協力することの大切さを話しました。

次に「今夜の言葉」のコーナーでは、担当するA木さんはハロウィン例会に関連して「Trick or treat」という言葉を発表されました。この言葉は、即興でスピーチの構成を変更させることに挑戦してみましょうという趣旨で選ばれたということでした。

DSC00744_512.jpg

また、以下の役割のヘルパーは、各自の役割を説明しました。
計時係・えーとカウンター:Y本
文法係・集計係:K吉さん

続けて、K吉さんより本日の例会の流れの説明がありました。
本日の特別例会は、第1部から第3部までの構成であること、A、B、Cチームに分かれて対戦し、第1部の論評大会ではスピーカーF本さんから選ばれたチームに1ポイント、
第2部と第3部は、チーム対抗の3種類のゲームに勝ったチームに各1ポイントの計3ポイント、合計4ポイントで一番多くポイントを獲得したチームのメンバーは、12月のクリスマス例会の企画ができるという特典が発表されました。

その他、本日はスピーカーよりベスト論評賞が発表され、
その他、ベストテーブルトピックス賞、ベスト仮装賞、ベストパフォーム賞、ベストチーム賞、ベスト仮装賞の投票について説明がありました。


第1部がスタートし、次に、会長M谷さんから、第1部の論評大会の流れについての説明がありました。

次に、論評大会のスピーチとして、スペシャルゲストのF本さんによる準備スピーチです。
スピーチ目標は、CC#2スピーチの構成、タイトルは「不潔の力」です。

小汚い寿司屋で一緒に同じものを食べたのに、救急車で運ばれるくらいつらい思いをしたF本さんや同僚社員に対し、いつも不潔な先輩は、普段から免疫ができていて体調不良にもならなかったというエピソードで、終始笑いに包まれた楽しいスピーチでした。DSC00746_512.jpg

F本さんのスピーチの後は、各自で論評内容を整理した後、
論評大会と称し、各チームごとの論評が以下の各チーム代表者より発表されました。
Cチーム論評、代表者Pさん、
Bチーム論評、代表者M木さん、
Aチーム論評、代表者N山さん
DSC00753_512.jpgDSC00760_512.jpgDSC00765_512.jpg

次に第2部に入り、K吉さんによるルール説明の後、ゲーム1「割り箸リレーゲーム」が行われました。
結果はCチームが1位となり、ルールに基づき下記の順番で、チーム代表者がテーブルトピックスを発表しました。
Cチーム、代表者S水さん「ハロウィンに関する思い出は?」
Bチーム、代表者S村さん「ハロウィンパレードに出るならどんな仮装をしたいですか?」
Cチーム、代表者A坂さん「渋谷のハロウィン問題についてどう思いますか?」



次に、K吉さんがゲーム説明を行い、ゲーム2「モデルウォークリレー」が行われました。
結果はBチームが1位となり、ルールに基づき下記の順番で、チーム代表者がテーブルトピックスを発表しました。
Bチーム代表者Sさん、「ハロウィンでしてみたいことは?」
Aチーム代表者A木さん、「ハロウィンでしてみたい仮装は?」
Bチーム代表者N村さん、「ハロウィンの他にどんなお祭りイベントがあったらよいと思いますか?」


休憩をはさんだ後、第3部がスタートしました。
S山さんよりゲーム説明があり、チーム対抗「ボディランゲージゲーム」が行われました。
結果は一番多くお題を当てたAチームが1位となりました。
本日はどのゲームも白熱して大変盛り上がりました。

DSC00868_512.jpg
ヘルパー報告として、文法係、えーとカウンター、今夜の言葉、の発表がありました。
次はスピーカーのF本さんより、ベスト論評賞が発表され、Aチーム・N山さんが受賞されました。

続けてTMOEのY本よりいよいよその他各受賞者の発表です!
ベストテーブルトピックス賞は、A坂さん
ハロウィンベスト仮装賞は、M谷さん
ベストパフォーマンス賞は、S水さん
ハロウィンベストーチーム賞、Aチーム
DSC00911_512.jpgDSC00912_512.jpg
DSC00914_512.jpgDSC00918_512.jpg

記念撮影の後、SさんによりOさん入会の動議がありました。
満場一致で可決され、その後Oさんの入会式が行われました。
DSC00929_512.jpg
最後にゲストの方々からコメントを頂き、
会長M谷さんにより21:20閉会が宣言され例会は終了しました。
DSC00970_512.jpg

以上 Y本記録

posted by kawa at 20:20| 例会・イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする